コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイデラバード ハイデラバード Hyderābād

4件 の用語解説(ハイデラバードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイデラバード
ハイデラバード
Hyderābād

インド南東部,アンドラプラデーシュ州の州都。州中西部,ムシ川 (クリシュナ川の支流) 河畔に位置。デカン地方の主要都市で,経済,文化の中心地。 1589年クトゥブ・シャーヒによって建設され,1724年からハイデラバード王国の首都。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハイデラバード
ハイデラバード
Hyderābād

パキスタン南東部,シンド州ハイデラバード県の県都。インダス川下流東岸に位置する。8世紀頃から繁栄し,15世紀にはシンド州南部の中心都市となった。 1783年からはタールプラー諸侯のもとで独立国の首都となったが,1843年イギリス軍に占領された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハイデラバード(Hyderabad)

《「ハイダラーバード」とも》
インド南部、デカン高原中央部の工業都市テランガーナ州およびアンドラプラデシュ州の州都。16世紀末にクトゥブシャーヒー朝の都として建設。インド独立時にインド亜大陸最大のニザーム藩王国の首都だった。そのためチャールミナールメッカマスジッドなどのイスラム建築が多く、1918年創立のオスマニア大学がある。人口、行政区364万、都市圏574万(2001)。
を首都とした、旧インド最大のイスラム藩王国。1724年ムガル朝から独立、1948年インド連邦に加入。支配層はイスラム教徒だったが、住民の大多数はヒンズー教徒。
パキスタン南東部、シンド州の商業都市。インダス川東岸にあり、シンド王国の首都として発展。綿紡・セメントなどの工業や宝石加工業が盛ん。周辺では米、綿花を産する。宝石加工、腕輪、刺繍などの伝統工芸が有名。人口、行政区117万(1998)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ハイデラバード【Hyderabad】

インド南部、デカン高原中央部にある都市。綿工業が盛ん。
パキスタン南東部、インダス川下流の東岸にある都市。水陸交通の要衝で、綿花・サトウキビの集散地。綿工業も発達。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイデラバードの関連キーワードウッジグルバルガコインバトールデカン高原インド半島ナグプルベンガルールコルドファン高原プネーフブリ・ダールワール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイデラバードの関連情報