コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイマンス ハイマンスCorneille Jean Heymans

3件 の用語解説(ハイマンスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハイマンス(Corneille Jean Heymans)

[1892~1968]ベルギーの生理・薬理学者。頸動脈洞大動脈酸素炭酸ガス分圧に反応して呼吸を調節していることを発見。1938年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ハイマンス【Gerardus Heymans】

1857‐1930
オランダで初の心理学実験室を作った同国の心理学の先駆者。精神科医ウィルスマE.Wiersmaとともに実施した気質に関する膨大な調査結果をもとに,情動性,活動性,反響性を基本的次元として,8種類の性格類型を唱えた。その理論,学風はフローニンゲン学派として知られ,主にヨーロッパの性格学に影響を与えた。また女性心理の研究者としても著名である。【小川 俊樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイマンス
はいまんす
Corneille Jean Franois Heymans
(1892―1968)

ベルギーの生理・薬理学者。1920年ヘント(ガン)大学卒業後、欧米各国に遊学し、1930年母校の薬理学教授となる。頸動脈(けいどうみゃく)洞および大動脈に化学受容体があり、血液中の酸素や炭酸ガス分圧の変化、血圧の変化に反応し、反射的に呼吸を調節することを認めた。1938年に、頸動脈洞および大動脈の反射の発見で、ノーベル医学生理学賞を受けた。国際生理学会、国際薬理学会の会長、WHO薬理学専門委員、その他の国際的要職につき、内外の政府、学会、大学から多くの賞を受けている。[古川 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハイマンスの関連キーワードプロヴォーク三井東圧化学プレート・テクトニクスネオソム須藤為五郎いすゞ117クーペPA90型アニマル1五月革命カルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone