コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインドマン Hyndman, Henry Mayers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインドマン
Hyndman, Henry Mayers

[生]1842.3.7. ロンドン
[没]1921.11.22. ロンドン
イギリスの社会民主主義者,イギリス最初のマルクス主義信奉者。ケンブリッジ大学で学び,ジャーナリズムで活動したが,1881年民主連盟を設立してマルクス主義的社会主義の紹介,普及に努めた。南アフリカ戦争に反対し,社会主義インターナショナルの建設にも参加したが,次第に排外的になって第1次世界大戦時には参戦を唱え,新たに国民社会党を組織して戦争に協力した。主著"Economics of Socialism" (1896) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハインドマン

英国の社会主義者。1881年民主連盟を結成マルクス主義を採用,生産手段と生活資料の社会化を主張。のちモリスと決裂後社会民主連盟を結成,指導し,労働運動指導者を育成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハインドマン【Henry Mayers Hyndman】

1842‐1921
イギリスの社会主義者。ケンブリッジ大学出身。従軍記者としてイタリアのリソルジメントに参加。論壇でインドの自治を説く。ディズレーリマルクスに接触し,チャーチズムの再興を図る。1881年民主連合(1884年社会民主連合と改称)を創設し,《万人のためのイングランド》を書き《資本論》の内容を紹介したが,政治的意見の食違いからマルクスの支持を失う。ロンドンのシティで鉱山開発事業に関係し,フロックコートを着て街頭でマルクス主義を説き,資本主義の先進国イギリスが社会主義でも優位にあると主張した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハインドマン
はいんどまん
Henry Mayers Hyndman
(1842―1921)

イギリスの社会主義者。社会民主連盟の創設者。ロンドンに生まれる。父は法廷弁護士。マルクスの影響を受けて社会主義者となり、1881年民主連盟を創設、さらにこの組織を発展させて社会民主連盟とし、その中心的指導者となった。以後、彼はこれらの組織を通してマルクス主義的な社会主義の理論的紹介、組織化を志したが、その立場はかならずしもマルクスと相和するところとはならず、またその独裁的性格もあって組織運営も円滑には進まず、イギリスの社会主義運動に大きな影響を与えることはできなかった。第一次世界大戦中は愛国主義的立場をとり、1916年に国民社会主義党を結成した。[岡本充弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ハインドマン

生年月日:1842年3月7日
イギリスの社会民主主義者
1921年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のハインドマンの言及

【社会主義】より

… 一方,先駆的な資本主義の発展を遂げたイギリスでは強力な労働運動が存在しており,自由党と提携して社会立法を成立させる圧力団体的な能力を早くからもっていたために,全国的な社会主義政党の結成についてはかえって他の国に遅れた。H.M.ハインドマンの指導する民主連盟(1881成立)は,1884年にマルクス主義的綱領を採択して社会民主連盟と改称するが,同じ年,芸術家W.モリスはエンゲルスの支持を受けて,この連盟を脱退し社会主義連盟を結成する。しかし,いずれも大衆的な支持を受けなかった。…

【社会民主連合】より

…略称SDF。1881年ハインドマン主導下に発足した民主連合が84年社会民主連合と改称。同年,党内民主主義と社会主義戦術とをめぐり分裂。…

※「ハインドマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハインドマンの関連キーワード社会民主連盟[イギリス]生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android