コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハカシア ハカシア Khakasiya

2件 の用語解説(ハカシアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハカシア(Khakasiya)

ロシア連邦にある22の共和国の一。エニセイ川上流部に位置する。首都はアバカントルコ系のハカス人が住むが、多数派ではない。かつてモンゴル帝国の支配を受けたが、17世紀にロシア帝国が征服。多くをロシア正教に改宗させた。ハカス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハカシア
はかしあ
Хакасия Hakasiya

ロシア連邦に属する共和国。ロシア中部、シベリア南部、エニセイ川上流西岸に位置する。面積6万1900平方キロメートル、人口56万8800(2003推計)。首都はアバカン。人口17万2100(2003推計)。領域の3分の2は山地で、厳しい大陸性気候である。平均気温は1月零下21~零下15℃、7月17~20℃。年降水量は300~700ミリメートル
 1930年クラスノヤルスク地方に属するハカス自治州Хакасская Автономная Область/Hakasskaya Avtonomnaya Oblast'として設立され、その地位を保ってきたが、ソ連崩壊(1991年12月)直前の91年7月ハカシア自治ソビエト社会主義共和国に昇格、崩壊後の92年2月ハカシア共和国Республика Хакасия/Respublika Hakasiyaとなった。1989年国勢調査による民族構成は、ロシア人(45万0430、79.5%)、ハカス人(6万2859、11.1%)が主である。ハカス人はチュルク語系(トルコ語系)民族である。
 ハカシア西部は、世界有数の炭田の一つクズバス炭田の一部をなしており、石炭採掘が盛ん。そのほか、鉄鉱、非鉄金属鉱、大理石の採掘なども行われている。工業では、軽工業(毛織物、皮革)、機械(車両、コンテナ、クレーン車製造)、非鉄金属(アルミニウム、モリブデン)、林業、木材加工、食品加工。農業は、穀物栽培(おもに小麦など)。乳・肉用牛、ヒツジの飼育も行われている。[上野俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハカシアの関連キーワード共和国ロシア連邦アドゥイゲカバルダバルカルカラチャイチェルケス基幹民族チュバシトゥバマリエルサハ[共和国]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone