コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハガツオ Sarda orientalis; striped bonito

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハガツオ
Sarda orientalis; striped bonito

スズキ目サバ科の海水魚全長 1m近くになる。体は紡錘形で,尾柄は細く隆起線をもつ。口が大きく,歯はカツオより大きい。第2背鰭の後方の背側に 7~9個,腹側に 6~7個の小離鰭がある。体の背側は藍青色で,数本の黒色縦帯がある。腹面銀白色。本州中部,インド太平洋に分布する。沿岸表層で群れをつくって生活する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ハガツオ

 [Sarda orientalis].サバ科の海産魚.全長50〜100cmになる.食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハガツオ
はがつお / 歯鰹
striped bonito
[学]Sarda orientalis

硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。体形はカツオに似ているが、やや側扁(そくへん)している。吻端(ふんたん)がとがり、上下両顎(りょうがく)と口蓋骨(こうがいこつ)に強力な円錐(えんすい)状の歯が発達する。体の上半部に6、7条の黒色縦走線がある。別名キツネガツオまたはスジガツオ。全長1メートルに達するが、通常漁獲されるのは50センチメートル以下の個体が多い。本州中部地方以南、西太平洋からインド洋暖海域の沿岸部に分布し、群泳する習性がある。ハガツオ属にはこのほかに3種が知られており、それぞれオーストラリア、東太平洋、大西洋・地中海域に分離して生息している。現在、世界におけるこれら4種の漁獲量は3万~18万トン程度と推定されているが、自然的要因、たとえばペルー沖での餌(えさ)となるアンチョビーの豊凶による年変動が大きい。日本における漁法は一本釣り、巻網が主要で、ほかに定置網にも入る。肉質はやや柔らかいが、刺身、照焼きなどにして美味である。[沖山宗雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハガツオの関連キーワードハガツオ(歯鰹)キツネガツオホソガツオイソマグロマグロ狐鰹

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハガツオの関連情報