ハグロソウ(英語表記)Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. var.subrotunda (Matsuda) Murata et Terao

世界大百科事典 第2版「ハグロソウ」の解説

ハグロソウ【Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. var.subrotunda (Matsuda) Murata et Terao】

山林内に生えるキツネノマゴ科多年草(イラスト)。和名は葉黒草ので,葉が暗緑色であることによると思われる。は直立し,高さ30~50cmでやや方形,しばしば分枝する。葉はうすく披針形から狭卵形で長さ5~10cm,幅1~3cm,全縁で短い柄がある。夏から秋にかけて1個から数個の花を枝の先につける。は卵形で長さ1~2.5cm,幅0.5~1.2cm,縁に短毛がある。花冠は2唇形で紅紫色おしべは2本,は2室で各室は線形で上下に1列に並ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハグロソウ」の解説

ハグロソウ
はぐろそう / 葉黒草
[学] Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. var. subrotunda Murata et Terao

キツネノマゴ科(APG分類:キツネノマゴ科)の多年草。茎は高さ約40センチメートルで、まばらに分枝する。葉は対生し、披針(ひしん)形で先はとがり、長さ5~10センチメートル。7~8月、葉状の包葉の間から、長さ2~3センチメートルの紫紅色花を開く。花は細い筒状で、花冠の先は2裂する。雄しべは2本、雌しべは1本で花柱は細長く、花外に突き出る。果実は蒴果(さくか)で、種子は4個。熟すと2片に割れる。東北南部から九州、および朝鮮半島、台湾、中国に分布する。

山崎 敬 2021年10月20日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例