コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコネサンショウウオ ハコネサンショウウオOnychodactylus japonicus

2件 の用語解説(ハコネサンショウウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハコネサンショウウオ
Onychodactylus japonicus

サンショウウオ目サンショウウオ科。体長 11~18cmで体は細長く,尾は体長の2分の1以上を占める。背面は暗赤褐色で中央に広い橙黄色帯があるが,不規則な斑紋となったり消失したりして変異がある。腹面は黄褐色。産卵期は5~7月で,渓流の日光を通さない岩の間隙などに5~7個の白色の卵を含む1対の卵嚢を産みつける。またこの時期には雌雄とも黒い鋭い爪を生じ,雄は後肢が著しく肥大する。幼生は渓流に生息し,肢に爪をもつ。本州,四国の山地に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコネサンショウウオ
はこねさんしょううお / 箱根山椒魚
[学]Onychodactylus japonicus

両生綱有尾目サンショウウオ科の動物。青森県以南の本州北部および中部山地、紀伊山地中国山地、四国の剣山(つるぎさん)および石鎚山地(いしづちさんち)に分布する。体は細長く、尾は頭胴部より長い。背面は紫を帯びた褐色で、頭部から尾の上縁にかけて橙黄(とうこう)色や紅色の縦条があるが、その形状には変異が多く、点状となることもある。腹面は黄褐色。雄の後肢は著しく太い。肺がなく、主として皮膚だけで呼吸する。全長10~18センチメートル。森林内の渓流域に生息し、5~7月に産卵する。卵嚢(らんのう)は円筒状で、細い柄で水中の岩の下面に付着する。卵は黄白色で径約5ミリメートル、卵数10個内外。幼生は流水中で生活し、3年後に変態して上陸する。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハコネサンショウウオの関連情報