コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハゴロモ ハゴロモ Ricaniidae

2件 の用語解説(ハゴロモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハゴロモ
ハゴロモ
Ricaniidae

半翅目同翅亜目ハゴロモ科に属する昆虫の総称。体長 (翅端まで) 10mm内外の種が多い。体形はややセミに似て頭部が幅広く,前胸背よりわずかに狭い。前翅は三角形で広く,多数の翅脈があり,後縁には長い爪状部があり,種特有の色彩,斑紋をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハゴロモ
はごろも / 羽衣

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ビワハゴロモ上科Fulgoroideaのなかの数科の昆虫を広義の総称とし、そのなかのハゴロモ科は狭義の総称。
 ハゴロモ科は中形種が多く、体長5~10ミリ、前翅は三角形状に広がりチョウに似る。前翅には多くの脈があり、とくに前縁脈は長く、多くの横脈が並び、後縁の爪状(そうじょう)部は長く大きい。頭部は幅広く、前胸背とほぼ等幅。後脚(ふせつ)第一、第二節は短小で棘(とげ)を欠き、転節は下向きとなる。成虫、幼虫とも植物体上に生活し、幼虫は尾端に糸状の白いろう物質を分泌するものが多い。熱帯地方に多く、とくにアフリカや東南アジアに繁栄し、世界で約300種が知られる。日本産のおもな種類は次のとおり。
 ベッコウハゴロモOrosanga japonicusは茶褐色で、前翅には2本の透明な横帯をもつ。クズ、クワなどに多く、ときに群生する。卵越冬で、幼虫は白色のろう物質に覆われ、尾端にはろう質の糸の束があり、落下時にこれがパラシュートの役目をする。7月ごろから羽化が始まる。ヒメベッコウハゴロモRicania taeniataはやや小形で、イネやサトウキビなどに多く、ときには害を与える。スケバハゴロモEuricania fascialisは、前翅の透明部が広く、脈も少ない。クワのほか種々の樹木に群生する。アミガサハゴロモPochazia albomaculataは、前翅が黒褐色で、前縁に一白斑(はくはん)をもつ。カシ類のほかいろいろな植物上にみられる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハゴロモの関連キーワード羽衣ベッコウハゴロモ異翅類テングスケバ同翅類青翅羽衣ハエ(蠅)コウモリガ(蝙蝠蛾)ツノゼミ(角蟬)ビワハゴロモ(琵琶羽衣)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハゴロモの関連情報