コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシェク ハシェク Hašek, Jaroslav

6件 の用語解説(ハシェクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシェク
ハシェク
Hašek, Jaroslav

[生]1883.4.30. プラハ
[没]1923.1.3. リプニツェウハブリーチコバブロドゥ
チェコの小説家,ジャーナリスト。初期の写実主義的な傾向から,攻撃的な風刺へと進んだ。第1次世界大戦ロシア軍の捕虜となり,やがて赤軍に加わり従軍記者となった。軍国主義を嘲笑し,社会制度,裁判,警察などを笑いものにした反戦ユーモア小説の長編『兵士シュベイクの冒険』Osudy dobrého vojáka Švejka za světové válkyを 1921年から没年まで書き続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハシェク(Jaroslav Hašek)

[1883~1923]チェコの小説家。プラハの生まれ。未完の代表作「兵士シュベイクの冒険」では、一兵卒の軍隊生活を描いて、ユーモアのなかにオーストリア帝国の軍国主義を徹底的に批判した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハシェク

チェコの作家,ジャーナリスト。未完の小説《第一次世界大戦での善良な兵士シュベイクの運命》(1921年―1923年,未完。邦訳題《兵士シュベイクの冒険》)という二等兵物語で有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハシェク【Jaroslav Hašek】

1883‐1923
チャペックと並んで世界で一番よく知られているチェコの作家で,ジャーナリスト。人間の歪曲化によるノンセンスを描き出し,ありきたりの平凡な人間の道徳的優位さを好んで描いた。多数のユーモア風刺短編作品中,未完の二等兵物語《世界大戦での善良なる兵士シュベイクの運命》(第1部1921,第2,第3部1922,第4部1923。以下をバニェックK.Vaněkが引き継ぎ完結させる。《兵士シュベイクの冒険》の訳名でも知られる)が世界的にヒットし,数多くの外国語に翻訳され,主人公のシュベイクŠvejkはハムレットドン・キホーテのように,単なる作品の一主人公からチェコ人の一つのタイプのモデルとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハシェク【Jaroslav Hašek】

1883~1923) チェコスロバキアの作家。未完の「兵士シュベイクの冒険」は愚かな一兵卒の軍隊生活をユーモラスに描き、軍国主義批判の風刺文学の傑作とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハシェク
はしぇく
Jaroslav Haek
(1883―1923)

チェコスロバキアの作家。貧しい教師を父としてプラハに生まれ、少年時代から奇行が多く、曲折ののち商業学校を卒業。一時銀行に勤めたが放浪癖のため辞職、雑文記者となり、オーストリア帝政下のチェコで、国家機構やプチブル根性を風刺するユーモア短編を手当たりしだい書きまくり、無頼の生活を送った。作品の傾向は文学的ダダイズムと評されるが、アナキスト政治運動にも関与し、酒場政党をつくって選挙に立候補しさえした。第一次世界大戦中、オーストリア軍の一兵士として召集され東部戦線に回されたが、ロシア側に走り、いわゆるチェコ軍団の一員となった。さらにボリシェビキ革命の成功後は赤軍に移り、政治委員まで務めた。戦後の1920年、独立した祖国での共産主義革命を促進すべくプラハに戻ったが、すでにマサリク治下の民主政治が確立され、革命の夢は消えていた。やむなくプラハを去って、彼を世界的に有名にした『兵士シュベイクの冒険』(1921~23)の創作に専念したが、心臓発作のため完成を待たずにこの世を去った。
 文学的出発は非常に早く、商業学校の友人と共著の詩集『五月の叫び』(1903)があり、生前に『よき兵士シュベイク その他の不思議な物語』(1912)、『わたしの犬商売 その他のユーモア短編』(1915)などを公刊。死後も『「法の枠内でのおだやかな進歩」党の歴史』(1962)をはじめ、数多くの新資料が発掘されている。[飯島 周]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハシェクの言及

【チェコスロバキア】より

…1918年から92年まで続いた中欧の共和国。国名通称はチェコ語,スロバキア語ともČeskoslovensko。1920‐38年,1945‐60年の正式国名は〈チェコスロバキア共和国Českoslovká republika〉。1948年以後は社会主義体制をとり,60年からの正式国名は〈チェコスロバキア社会主義共和国Československá Socialistická republika〉。1969年よりチェコ社会主義共和国とスロバキア社会主義共和国の連邦制に移行したが,89年の〈東欧革命〉の進行過程で両共和国で連邦制の見直しが図られ,正式国名を〈チェコおよびスロバキア連邦共和国Česká a Slovenská Federativní Republika〉に変更した。…

※「ハシェク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハシェクの関連キーワードチャペックぺちゃぺちゃJAPEC世界で一番キミが好き!世界で一番パパが好きchachacha コンパクトペットシーツ愛のチャペルチャペック,J.世界最高記録占機

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハシェクの関連情報