コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナガサクラゲ ハナガサクラゲOlindias formosus

3件 の用語解説(ハナガサクラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナガサクラゲ
ハナガサクラゲ
Olindias formosus

刺胞動物門ヒドロ虫淡水クラゲハナガサクラゲ科。傘の直径 5~10cm。口柄は赤褐色触手には 2種類あり,傘の縁から出る 10~15本の長い糸状のものと,傘縁および傘の途中から出る 200本以上の棍棒状のものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナガサクラゲ【Olindias formosa】

ヒドロ虫綱ハナガサクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。本州中部から四国,九州の沿岸に分布し,4月ころ出現する。いろいろな色彩に富んで,美しいところから花傘の名がある。傘はふつう直径5cmくらいの半球状であるが,10cmに達するものもある。寒天質は硬く,傘の中心にある口柄は赤褐色,4~6本の放射管の上にひだ状になった褐色の生殖腺がある。傘の縁には長い糸状の触手のほかに短い棒状の触手がたくさん並んでいる。また傘の上にも棒状の上傘(じようさん)触手(蓋(がい)触手)が見られ,これらは求心管によって連絡されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナガサクラゲ
はながさくらげ / 花笠水母
[学]Olindias formosa

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハナガサクラゲ科に属するクラゲ。ヒドロクラゲとしては大形で、傘の直径は普通4、5センチメートルであるが、ときには10センチメートルほどに達することもある。傘は低い円蓋(えんがい)状、4本の放射管のうち相対する2本は2分岐して計6本となっている。10~15本の細長い糸状の傘縁触手のほかに、棒状の短い触手が傘縁のほか上傘上にも多数みられ、その総数は200以上に達することがある。上傘上の触手は求心管でつながっている。また、傘縁には多数の傘縁瘤(りゅう)や平衡器がみられる。生殖腺(せん)は放射管上にひだをつくって発達する。口柄(こうへい)は赤褐色、生殖腺は褐色、上傘上の触手は紅色と紫色で、全体としてきわめて美しい。本州、九州の沿岸に春期みられるが、ポリプ世代はまだ知られていない。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナガサクラゲの関連情報