コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナキリン

百科事典マイペディアの解説

ハナキリン

マダガスカル原産のトウダイグサ科の多肉植物。小低木状で,茎は横にはい,よく枝分れし,鋭いとげがある。葉はへら形で革質,おもに若枝の先につく。3月ころから咲き始める花序(杯状花序)は深紅色の2枚の包葉に包まれ,美しい。
→関連項目トウダイグサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナキリン
はなきりん
[学]Euphorbia milii Desmoul var. splendens Bej.

トウダイグサ科の低木状多肉植物。マダガスカル原産。茎は暗褐色で分枝し、葉の基部に托葉(たくよう)の変形したといわれる2センチメートルぐらいの1対の刺(とげ)がある。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ約5センチメートル、古くなると落葉する。冬や乾期の休眠期には完全に落葉する。春から秋にかけて葉腋(ようえき)から紅色の複合散形花序を抽出する。1個の花とみえるのが一つの花序で、花弁はなく、花弁状に赤くみえるのは包葉である。また、雄しべには節があり、これが退化した雄花であることを示している。ハナキリン類はマダガスカルに約40種あり、園芸品種も多い。托葉針は裂片状で稜(りょう)状につながったシロスジキリンE. leuconeura Boiss.や、葉が多肉化したキリンドリフォリアE. cylindrifolia M. Lapost et Rauh、さらに地下が塊根状のプリムレフォリアE. primulaefolia Bakerなどの変わった種もある。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハナキリンの言及

【ユーフォルビア】より

…茎葉を傷つけると白い乳液が出るが,その中からユホールeuphol,チルカロールtirucallol,ユホルボールeuphorbolやアルファアミリンα‐amyrinをはじめ,石油関連のステロイド系のトリテルペノイドの立体異性体が10以上発見されている。 常緑葉の有無,とげの有無や形,花梗が宿存するか否かなどで六つの群に大別されるが,主な種群は茎に稜ととげを欠く緑枝類,花梗がとげ状に宿存する花刺類,1対の托葉刺をもち,多くはそれが裂けるハナキリン類(裂刺類),茎は有稜で,花梗は宿存せず,針状刺をもつ対刺類の4群である。(1)緑枝類低木状で,葉は小さく早落性,枝は細い円柱形で,稜はない。…

※「ハナキリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハナキリンの関連キーワード鉢花