コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナキリン

2件 の用語解説(ハナキリンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハナキリン

マダガスカル原産のトウダイグサ科多肉植物。小低木状で,茎は横にはい,よく枝分れし,鋭いとげがある。葉はへら形で革質,おもに若枝の先につく。3月ころから咲き始める花序(杯状花序)は深紅色の2枚の包葉に包まれ,美しい。
→関連項目トウダイグサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナキリン
はなきりん
[学]Euphorbia milii Desmoul var. splendens Bej.

トウダイグサ科の低木状多肉植物。マダガスカル原産。茎は暗褐色で分枝し、葉の基部に托葉(たくよう)の変形したといわれる2センチメートルぐらいの1対の刺(とげ)がある。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ約5センチメートル、古くなると落葉する。冬や乾期の休眠期には完全に落葉する。春から秋にかけて葉腋(ようえき)から紅色の複合散形花序を抽出する。1個の花とみえるのが一つの花序で、花弁はなく、花弁状に赤くみえるのは包葉である。また、雄しべには節があり、これが退化した雄花であることを示している。ハナキリン類はマダガスカルに約40種あり、園芸品種も多い。托葉針は裂片状で稜(りょう)状につながったシロスジキリンE. leuconeura Boiss.や、葉が多肉化したキリンドリフォリアE. cylindrifolia M. Lapost et Rauh、さらに地下が塊根状のプリムレフォリアE. primulaefolia Bakerなどの変わった種もある。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハナキリンの言及

【ユーフォルビア】より

…茎葉を傷つけると白い乳液が出るが,その中からユホールeuphol,チルカロールtirucallol,ユホルボールeuphorbolやアルファアミリンα‐amyrinをはじめ,石油関連のステロイド系のトリテルペノイドの立体異性体が10以上発見されている。 常緑葉の有無,とげの有無や形,花梗が宿存するか否かなどで六つの群に大別されるが,主な種群は茎に稜ととげを欠く緑枝類,花梗がとげ状に宿存する花刺類,1対の托葉刺をもち,多くはそれが裂けるハナキリン類(裂刺類),茎は有稜で,花梗は宿存せず,針状刺をもつ対刺類の4群である。(1)緑枝類低木状で,葉は小さく早落性,枝は細い円柱形で,稜はない。…

※「ハナキリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハナキリンの関連キーワードマダガスカルマダガスカル島藺草花麒麟ユーフォルビアジャンピングビーン高灯台灯台草夏灯台タピオカデンプン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone