コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナゴンドウ ハナゴンドウ Grampus griseus; Risso's dolphin

2件 の用語解説(ハナゴンドウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナゴンドウ
ハナゴンドウ
Grampus griseus; Risso's dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科ハナゴンドウ属。マツバイルカカマビレサカマタとも呼ばれる。体長は約 3.8mに達する。体重は 300~500kg。出生体長は 1.2~1.5m。体色は全身灰色が基調であるが,体側は藍ねずみ色や茶灰色を帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナゴンドウ
はなごんどう / 花巨頭
Risso's dolphin
[学]Grampus griseus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目イルカ科に属する海獣。成体の体長は約4メートル。新生児は背側が紫黒色、胸腹部が淡色であるが、成長するにつれて淡色となり、皮膚に寄生虫による花模様ができ、しかも歯による線状の傷が松葉を散らしたようにつくので、マツバイルカ(松葉海豚)ともいわれる。鎌(かま)状の背びれは比較的大きく、背の中央部に位置する。頭部は丸く吻(ふん)部がない。頭部前面に凹部がある。下顎(かがく)前端にのみ3~5対の歯が生える。尾部は比較的に細い。胸びれは鎌形で比較的長い。世界の熱帯・温帯域に広く分布する。数頭から30頭の群れをつくることが多く、他種と混じることもある。イカ類を好んで食べる。個体群量は多く、日本では沿岸小型捕鯨の対象鯨種である。飼育が可能である。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナゴンドウの関連キーワードハクジラ類マッコウクジラ赤坊鯨巨頭鯨歯鯨鬚鯨イルカ(海豚)クジラ(鯨)ゴンドウクジラ(巨頭鯨)ハナゴンドウ(花巨頭)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナゴンドウの関連情報