ハナビラウオ(読み)はなびらうお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナビラウオ
はなびらうお / 花弁魚
[学] Psenes pellucidus

硬骨魚綱スズキ目エボシダイ科に属する海水魚。外洋性で世界の海洋に分布し、日本では釧路(くしろ)沖、気仙沼(けせんぬま)付近、東京湾以南沖縄諸島までの間から知られているが、南日本に比較的多い。全長50センチメートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形で左右に扁平(へんぺい)。体色は暗色で、ひれが黒い。しかし幼魚は半透明なのでコンニャクアジともいわれ、イボクラゲやユウレイクラゲの触手の間を遊泳している。日本近海では類似種としてスジハナビラウオP. cyanophrisやクラゲウオP. arafurensisなどが知られている。

[鈴木 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android