ハブソウ(波布草)(読み)ハブソウ(英語表記)Cassia torosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハブソウ(波布草)
ハブソウ
Cassia torosa

マメ科の一年草。中国南部の原産で,日本でも薬用植物として栽培されている。茎は直立して高さ 1mぐらいになる。葉は柄があって互生し,5~6対の偶数羽状複葉で小葉は長楕円形をしている。夏に花柄を頂生し,大型の黄色の花を数個総状につける。マメ科ではあるが蝶形花ではなく,萼は卵円形で5片,5枚の花弁は水平に開出し,大きさがややふぞろい。莢は長さ約 10cmで平たい。タンニン,脂肪などを含む種子は望江南 (ぼうこうなん) と称し,漢方で食中毒や腹痛などに用いるほか,生葉は虫,蛇毒 (ハブ) の解毒に貼布する。本種と同属でアメリカ原産のエビスグサ C. obtusifoliaも薬草として日本でも古くから栽培されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android