コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハブソウ

百科事典マイペディアの解説

ハブソウ

熱帯アメリカ原産のマメ科一年草。草たけ1m内外,葉は偶数羽状複葉で,小葉は6〜12枚つき,先のとがった長楕円形。夏季黄色花を開き,10cm前後の豆果をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハブソウ
はぶそう / 波布草
[学]Cassia torosa Cavanilles

マメ科の一年草。熱帯アジア原産で、熱帯では多年生となる。日本への渡来は江戸時代である。茎は高さ70~120センチメートル。葉は互生し、4~7対の小葉からなる偶数羽状複葉。小葉は卵状披針(ひしん)形で先はとがり、葉柄の基部近くに1個の腺体(せんたい)がある。夏に茎の先および上方の葉腋(ようえき)から短い円錐(えんすい)状花序を出し、数個の花をつける。花弁は5個で楕円(だえん)形をなし、大きさは同一でなく深黄色を呈する。萼片(がくへん)は5個。雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)は10個であるが、うち7個は完全である。雌蕊(雌しべ)は1個。豆果(とうか)は太い円柱形で長さ8~10センチメートル、径1センチメートルで横じわがあり、果皮は薄い。豆果の中は横隔壁によって多数の小室に分かれ、横二列に55~70粒の種子が並んでいる。種子は扁平(へんぺい)な円板形で、へその付近がくちばし状にやや突出し、緑褐色で光沢がなく、径4~5ミリメートル、厚さ約2.5ミリメートル。
 ハブソウを漢名では望江南(ぼうこうなん)という。和名は沖縄の毒蛇ハブからきたものではなく、マムシをハミ、ハビともよぶので、ハビソウが変化したものという。民間ではマムシにかまれたときに葉をもんでその汁を傷口に擦り込むほか、神経痛のときに煎(せん)じて飲む。また、葉および種子は茶の代用にすると健胃整腸の効がある。なお、現在「はぶ茶」と称されるものはエビスグサの種子(決明子(けつめいし))であり、ハブソウとは別である。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハブソウの言及

【エビスグサ】より

…日本では沖縄でみられる。同属のハブソウと混同され,種子ははぶ茶の原料とされる。高さ1mほどになり,全体に短毛を有する。…

※「ハブソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハブソウの関連キーワードウラナミシロチョウエビスグサカッシア民間薬波布茶センナ旃那

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android