コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハプスブルク[家] ハプスブルク

百科事典マイペディアの解説

ハプスブルク[家]【ハプスブルク】

ヨーロッパで長期にわたり権勢をほこった名門王家。10世紀半ばアルザス地方に起こり,その後拠点としたスイスの山城ハプスブルクの名が家名となった。1273年ルドルフ1世が初めてドイツ王となり,1452年神聖ローマ帝国皇帝に即位したフリードリヒ3世以後はほぼ一貫して帝位を独占した。
→関連項目アウスグライヒアルチンボルドイタリア戦争ウィーンウィーン国立美術史美術館ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ウェストファリア条約オーストリアオーストリア継承戦争オランダシェーンブルン宮殿七年戦争スペインスロベニアチェコドイツフェルディナント[1世]プラハ大学ブルボン[家]ベルギーホーエンツォレルン[家]マクシミリアン[1世]マザランリシュリュールクセンブルク朝ルドルフ[1世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報