コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハプスブルク[家] ハプスブルク

1件 の用語解説(ハプスブルク[家]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハプスブルク[家]【ハプスブルク】

ヨーロッパで長期にわたり権勢をほこった名門王家。10世紀半ばアルザス地方に起こり,その後拠点としたスイスの山城ハプスブルクの名が家名となった。1273年ルドルフ1世が初めてドイツ王となり,1452年神聖ローマ帝国皇帝に即位したフリードリヒ3世以後はほぼ一貫して帝位を独占した。
→関連項目アウスグライヒアルチンボルドイタリア戦争ウィーンウィーン国立美術史美術館ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ウェストファリア条約オーストリアオーストリア継承戦争オランダシェーンブルン宮殿七年戦争スペインスロベニアチェコドイツフェルディナント[1世]プラハ大学ブルボン[家]ベルギーホーエンツォレルン[家]マクシミリアン[1世]マザランリシュリュールクセンブルク朝ルドルフ[1世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ハプスブルク[家]の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ共同体ヨーロッパ連合ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ電子計算機工業会ヨーロッパ級

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone