コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマダイ ハマダイEtelis coruscans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマダイ
Etelis coruscans

スズキ目フエダイ科の海水魚全長 1m内外。体は延長した紡錘形で丸みを帯び,尾鰭の上・下葉糸状に伸びている。上顎前部に 1~2対の犬歯をもつ。体は鮮紅色で,腹方は淡い。高級食用魚。南日本の太平洋岸,インド・太平洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマダイ
はまだい / 浜鯛
flame snapper
[学]Etelis coruscans

硬骨魚綱スズキ目フエダイ科に属する海水魚。茨城県以南の太平洋沿岸、小笠原(おがさわら)諸島、南西諸島、硫黄島(いおうとう)、大東島など西太平洋からインド洋海域に分布する。体は細長い紡錘形。尾柄(びへい)部は太くて長い。目は大きく、吻(ふん)長に等しい。両眼間隔域は平坦(へいたん)。両顎(りょうがく)前部に1、2対の犬歯があり、側部には三十数本の微小な円錐歯(えんすいし)がある。鋤骨(じょこつ)(頭蓋(とうがい)床の最前端にある骨)の歯帯の幅は広い。鰓弓(さいきゅう)上枝の鰓耙(さいは)は6~9本。背びれ棘(きょく)部と軟条部の間が深く切れ込む。背びれと臀(しり)びれの最後の軟条は伸長する。尾びれは深く二叉(にさ)し、上下両葉は長いが、とくに上葉は成長とともに糸状に伸長し、その長さは体長の30~80%になる。最大全長は約100センチメートルになる。体は背側面では桃色を帯びた美しい赤色、腹側面では桃白色。各ひれは赤い。90~400メートルの深海の岩礁域に生息する。おもに魚類、イカ類、甲殻類などを食べる。深海延縄(はえなわ)、一本釣りなどで漁獲される。肉は淡紅色を帯びた白色で美味。刺身、吸い物、塩焼き、煮物として賞味される。南西諸島では漁獲も多く、水産上重要な高級魚である。同属のハチジョウアカムツE. carbunculusおよびオオクチハマダイE. radiosusに似るが、前者は鰓弓上枝に3~4本、後者は11~14本の鰓耙をもつことで区別できる。[赤崎正人・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマダイの関連キーワードダイコン(大根)東京都小笠原村出雲おろち大根小笠原(村)賀茂十一野菜ハマちゃんダイコンアカマチ節莢果深海魚

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハマダイの関連情報