コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマフエフキ はまふえふき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマフエフキ
はまふえふき / 浜笛吹
[学]Lethrinus nebulosus

硬骨魚綱スズキ目フエフキダイ科に属する海水魚。南日本、南西諸島、西太平洋からインド洋海域、紅海と広く分布する。体は楕円(だえん)形で、吻(ふん)はやや突出する。両顎(りょうがく)には前部に二対の犬歯が、側部には一列の臼歯(きゅうし)と臼歯状円錐歯(えんすいし)がある。頬(ほお)に鱗(うろこ)のないのがこの科の特徴。全長約90センチ。体は黄褐色を帯びた緑青色で、体側各鱗(りん)の中央に1個の小さい黄白色点がある。口内は鮮紅色。一本釣り、延縄(はえなわ)、定置網、刺網(さしあみ)などで漁獲される。肉は白色で美味。刺身、塩焼き、煮つけなどにして賞味される。高知県、宮崎県などに多く、タマメ、タバメ、クチビなどといわれる。琉球(りゅうきゅう)諸島ではタマンとよび、漁獲の多い重要食用魚で、種苗生産も計画されている。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマフエフキの関連キーワードFMたまんクチビタマン口火

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハマフエフキの関連情報