コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリガネムシ ハリガネムシ

3件 の用語解説(ハリガネムシの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はりがねむし【ハリガネムシ】[書名]

吉村万一短編小説。平成15年(2003)発表。同年、第129回芥川賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハリガネムシ

(1)類線形動物門ハリガネムシ類無脊椎動物の総称。体長はふつう10〜40cmの細長い針金状で黒褐色。湿地や小川などの水中にすむ。幼生はカマキリバッタなどの昆虫類の体腔に寄生し,成長すると寄主の体外にでる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリガネムシ
はりがねむし / 針金虫
hairworm

類線形動物門ハリガネムシ目Gordioideaの総称。体はその名のとおり針金のように細長く、体長数センチメートルから数十センチメートル、まれに1メートルになるものもある。体色は白、黄、暗褐色など種類によって異なる。雌雄異体で、雌は雄よりも大きい。世界中で約250種が知られ、日本には約10種がいる。
 成虫は水中で自活生活をするが、食物をとらず、雄は体の後部を雌に絡ませて交尾し、繁殖期を終えるとやがて死ぬ。産卵は春から夏に行われ、水中で孵化(ふか)した幼虫は直接宿主に食べられるか、あるいは一度ユスリカやフタバカゲロウなどの幼虫に取り込まれ、その体内で小さな袋に包まれ、これらの昆虫が羽化後カマキリなどの宿主に食べられて、その体腔(たいこう)内で寄生生活をしながら成長する。成長が終わると、宿主の肛門(こうもん)近くの体節間に孔(あな)をあけ、虫体の先端をのぞかせ、宿主が水のあるところへきたとき脱出する。脱出は夏から秋にかけてが多く、越冬後産卵するが、なかには宿主に寄生したまま越冬し、春から夏に脱出して産卵するものもある。
 ハリガネムシの宿主は昆虫類のカマキリ、キリギリス、コオロギ、ゴミムシ、ゲンゴロウなどで、前述のユスリカやフタバカゲロウなどはこれらの宿主へ移行するための移動宿主と考えられる。なお、まれに幼児から吐き出された例があるが、これはおそらく偶然飲み込まれたものと考えられる。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハリガネムシの関連キーワード触手動物針金虫蠐螬線形動物釣鐘虫線形虫ハリガネムシ(針金虫)線形動物門ニホンザラハリガネムシフクイザラハリガネムシ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハリガネムシの関連情報