コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリール ハリール Al-Khalīl

2件 の用語解説(ハリールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリール
ハリール
Al-Khalīl

ヘブライ語ではヘブロン Hebron。ヨルダン西部地方,ユダヤ高原にある都市。エルサレム南南西約 30kmにあり,標高 930mに位置する。 1950年以来ヨルダン領とされ,ハリール県の県都であったが,67年以降イスラエルの占領下にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハリール【ḥalīl】

古代イスラエルの管楽器。語源はヘブライ語ハラルhalal(〈孔をあけて通す〉の意)で,パイプ状の笛のこと。ハリールが元来どんな種類の笛であったかは定かでないが,今日一般には,シングルリードの吹口をもつ,クラリネット系の双管の縦笛と推定されている。双管のうち1管は旋律管で1管はドローン(持続音)管。今日のアラブの楽器アルグールなどがこれに対応する。C.ザックスは,このハリールを,ダブル・リード吹口をもつオーボエ系の双管の縦笛と解釈している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハリールの関連キーワードヘブライ語ヘブライ神話ヘブライ文字モーセモサド希伯来マグダラシェロモシャロウムちゃん古代ヘブライ語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハリールの関連情報