コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルモニア Harmonia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルモニア
Harmonia

ギリシア神話の女神。アレスアフロディテの娘。女神でありながら,ゼウスの命令で人間の英雄カドモスと結婚し,その婚礼の式はすべての神々が臨席し盛大に祝われたが,そのおりアテナとヘファイストスから彼女に贈られた衣と首飾りがテーベの王家に宝物として伝承され,さまざまな不幸の原因となったという。ディオニュソスの母セメレをはじめ,アウトノエ,イノ,アガウェらの娘と息子ポリュドロスを生んだが,晩年にはカドモスとともに彼の創建したテーベを離れてイリュリアに移住し,最後には夫ともどもへびに変えられ,楽園エリュシオンの野に住まわされることになったという。

ハルモニア
harmonia

ギリシア語で「調和」の意。この観念を哲学史に導入し,のちのギリシア哲学に大きな影響を与えたのはピタゴラスヘラクレイトスである。前者は宇宙 kosmosは調和と秩序 taxisを本質とし,その原理を数とし,数学的研究を深め,後者は生成消滅の過程における対立項 (生と死,冷と熱など) の背後には世界の理法 logosとしての調和があるとみて,それを見抜くことに真の知があるとした。プラトンアリストテレスにおいては調和の概念は中心的ではないが,教育における音楽の重視などにもみられるように,みずからのうちに対立する諸傾向を含む霊魂の調和が主要なテーマであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハルモニアの関連キーワードアルクマイオン(ギリシア神話)アマゾン(ギリシア神話)コレギウム・アウレウムコレギウム・アウレウムアレクサンドル タローアリストクセノスプトレマイオスピタゴラス学派ソフロシュネーアルクマイオンギリシア神話ギリシア旋法ギリシア音楽アマゾン族幻想水滸伝ギリシア語テーベ伝説塚田若乃アマゾン金子ちえ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハルモニアの関連情報