コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハレー・クリシュナ運動 ハレークリシュナうんどう

1件 の用語解説(ハレー・クリシュナ運動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハレークリシュナうんどう【ハレー・クリシュナ運動】

国際クリシュナ意識協会International Society for Kṛṣṇa(Krishna) Consciousnessの活動を一般にこう呼ぶ。1965年,インド人バクティベーダーンタ・スワミ・プラブパーダAbhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupadaが渡米して創始した。16世紀インドにおける宗教家チャイタニヤの熱情的なクリシュナ崇拝運動に影響を受け,ビシュヌ神への絶対帰依,すなわち信愛ヨーガbhakti‐yoga(バクティ)を説き,ドラムシンバルを打ち鳴らしながら〈ハレー・クリシュナ〉を唱えるので有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハレー・クリシュナ運動の関連キーワードクリシュナビベーカーナンダラーマクリシュナシュナップス国際クーリエサービスシュナウザーシュナントニッチ遺跡フィッシュナイフブッシュナイフクリシア

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone