ハレー・クリシュナ運動(読み)ハレークリシュナうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

ハレークリシュナうんどう【ハレー・クリシュナ運動】

国際クリシュナ意識協会International Society for Kṛṣṇa(Krishna) Consciousnessの活動を一般にこう呼ぶ。1965年,インド人バクティベーダーンタ・スワミ・プラブパーダAbhay Charanaravinda Bhaktivedanta Swami Prabhupadaが渡米して創始した。16世紀インドにおける宗教家チャイタニヤの熱情的なクリシュナ崇拝運動に影響を受け,ビシュヌ神への絶対帰依,すなわち信愛ヨーガbhakti‐yoga(バクティ)を説き,ドラム,シンバルを打ち鳴らしながら〈ハレー・クリシュナ〉を唱えるので有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android