コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロゲン化水素 ハロゲンかすいそhydrogen halide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロゲン化水素
ハロゲンかすいそ
hydrogen halide

ハロゲン族元素と水素との化合物をいう。フッ化水素 HF ,塩化水素 HCl ,臭化水素 HBr ,ヨウ化水素 HI の4種がある。いずれもハロゲンと水素との直接反応によって生成する。常温ではすべて無色発煙性の気体で,沸点はフッ化水素 19.5℃,塩化水素-85℃,臭化水素-68.7℃,ヨウ化水素-35.7℃である。いずれも水によく溶け,それぞれフッ化水素酸,塩酸,臭化水素酸,ヨウ化水素酸を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハロゲンかすいそ【ハロゲン化水素 hydrogen halogenide】

フッ化水素HF,塩化水素HCl,臭化水素HBr,ヨウ化水素HIおよびアスタチン化水素HAtの総称。ハロゲン原子と水素原子との結合はフッ化水素を除いてはイオン性よりもむしろ共有結合性で,結合のイオン性の程度はつぎのようである。HF(60%程度),HCl(17%),HBr(11%),HI(5%)。結合エネルギーはH-F結合が617kJ/mol,H-Clが430kJ/mol,H-Brが365kJ/mol,H-Iが299kJ/molで,HF>HCl>HBr>HIの順である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハロゲン化水素
はろげんかすいそ
hydrogen halide

水素とハロゲン(周期表第17族元素、すなわち、フッ素F、塩素Cl、臭素Br、ヨウ素I、アスタチンAt)との化合物。一般式HX(Xはハロゲン)で表される。水に溶けてハロゲン化水素酸の溶液となる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハロゲン化水素の関連キーワードフッ化水素酸(弗化水素酸)エーテル(酸素化合物)マルコフニコフの法則マルコフニコフの規則エチレン系炭化水素ハロゲン化アルキルマルコフニコフ則有機ハロゲン化物酸素効果(化学)ホスホニウム塩アゾトメトリーマルコフニコフハロゲン化物求核脱離反応イソブチレンザイツェフ則付加化合物ジアゾ反応アセチレンアルコール

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android