コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワース ハワースHaworth, Sir (Walter) Norman

3件 の用語解説(ハワースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハワース
ハワース
Haworth, Sir (Walter) Norman

[生]1883.3.19. ランカシャー,チョーリー
[没]1950.3.19. バーミンガム
イギリス有機化学者。 1910年ゲッティンゲン大学で学位取得。セントアンドルーズ大学講師 (1912) ,ダラム大学教授 (20) ,バーミンガム大学教授 (25) ,同大学副総長 (47) 。 J.C.アービン,T.パーディとともに糖,デンプンセルロースなどの炭水化物について研究し,糖の炭素原子の配置が直線的ではなく環状配置であることを発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハワース
ハワース
Howorth, Sir Henry Hoyle

[生]1842.7.1.
[没]1926
イギリスの東洋史研究家,考古学者。インド政府に仕え,帰国して下院議員 (1886~1900) ,王立考古学会会長となる。主著『9~19世紀のモンゴル史』A History of the Mongols from the 9th to the 19th Century (5巻,1876~1928) ,『マンモスと洪水』 The Mammoth and the Flood (1887) ,『氷河の恐怖と洪水』 The Glacial Nightmare and the Flood (93) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハワース【Henry Hoyle Howorth】

1842‐1926
イギリスの歴史家,考古学者。インド政府に勤務し,帰国後下院議員,王立考古学会会長を歴任。《モンゴル史》5巻(1876‐1928)を著した。これはモンゴルカルムイクの歴史(第1部),キプチャク・ハーン国史とそれ以後のタタール族,中央アジアトルコ族の歴史(第2部),イル・ハーン国史(第3部),地理,民族誌,生活,宗教(第4部)から成り,当時までのヨーロッパのモンゴル研究をまとめたもの。現在では利用に注意が必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハワースの関連キーワードアルマン条約電気事業ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン石炭化作用カフカ高田保馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハワースの関連情報