コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐が丘 あらしがおかWuthering Heights

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嵐が丘
あらしがおか
Wuthering Heights

イギリスの女流作家 E.ブロンテの小説。 1847年刊。嵐が丘のアーンショー家で育てられた孤児ヒースクリフは,その家の娘キャサリンに激しい愛をいだくが,彼女の兄に虐待され仲を裂かれてしまう。キャサリンは近在の裕福な地主の息子エドガー・リントンと結婚する。ヒースクリフはこれを知って出奔し,3年後に金をつくって帰郷,自分を苦しめたアーンショーとリントンの両家復讐を誓い,両家のすべての人間を苦しめ,財産を奪い,死に追いやる。さらに彼の復讐は両家の幼い子供たちのうえにも及ぶ。この復讐がほとんど完成した頃,ヒースクリフはキャサリンの亡霊のとりことなり,食を断ち,眠りを忘れて彼女の幻を追い求め,ついには放心状態となり,憔悴して死んでいく。ヨークシャーの荒野を舞台に,愛憎と霊肉の相克の深刻な姿を描いて,まれにみる悲劇的迫力に満ちた小説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あらしがおか〔あらしがをか〕【嵐が丘】

《原題Wuthering Heightsエミリー=ブロンテの小説。1847年刊。嵐が丘という屋敷で養育された捨て子のヒースクリフを主人公とした、恋と復讐の物語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

嵐が丘【あらしがおか】

E.ブロンテの小説。1847年刊。〈嵐が丘〉という屋敷に拾われた浮浪児ヒースクリフの,愛する女性キャサリンへの執念と,愛を阻んだものへの復讐を描く。荒涼とした自然を背景に描かれた情熱の激しさ,ゴシック的要素をとりこんだ複雑な物語構造などで高く評価される。
→関連項目オリビエ吉田喜重

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

嵐が丘

イギリスのシンガー・ソングライター、ケイト・ブッシュの曲。1978年発表のビュー・シングルで、全英第1位を獲得。エミリー・ブロンテによる同名小説をモチーフとする。ファースト・アルバム「天使と小悪魔」に収録されている。原題《Wuthering Heights》。

嵐が丘

1953年製作のメキシコ映画。原題《Abismos de Pasión》。エミリー・ブロンテの同名小説をメキシコに舞台を移して映画化。監督:ルイス・ブニュエル。主演:イラセマ・ディリアン、ホルヘ・ミストラルほか。

嵐が丘

1970年製作のアメリカ・イギリス合作映画。原題《Wuthering Heights》。エミリー・ブロンテの同名小説の映画化。監督:ロバート・フュースト、出演:アンナ・カルダー・マーシャル、ティモシー・ダルトンほか。

嵐が丘

1986年製作のフランス映画。原題《Hurlevent》。エミリー・ブロンテの同名小説をフランスに舞台を移して映画化。監督:ジャック・リベット、出演:ファビエンヌ・バーブ、リュカ・ベルボー、サンドラ・モンテギュほか。

嵐が丘

1992年製作のイギリス合作映画。原題《Wuthering Heights》。エミリー・ブロンテの同名小説の映画化。監督:ピーター・コズミンスキー、出演:ジュリエット・ビノシュ、レイフ・ファインズほか。

嵐が丘

1988年公開の日本映画。監督・脚本:吉田喜重、原作:エミリ・ブロンテ、撮影:林淳一郎。出演:松田優作、田中裕子、名高達郎、石田えり萩原流行、三國連太郎ほか。第43回毎日映画コンクール撮影賞受賞。第12回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(石田えり)受賞。

嵐が丘

1939年製作のアメリカ映画。原題《Wuthering Heights》。エミリー・ブロンテの同名小説の映画化。監督:ウィリアム・ワイラー、出演:マール・オベロン、ローレンス・オリビエ、デビッド・ニーブン、ジェラルディン・フィッツジェラルドほか。第12回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同撮影賞(白黒)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらしがおか【嵐が丘 Wuthering Heights】

イギリスの作家エミリー・ブロンテの長編小説。1847年刊。作品の舞台〈嵐が丘〉は,作者が育って死んだイングランド北部ウェスト・ヨークシャーのホーワスの荒涼たる丘陵地をモデルとし,原題の〈ワザリング〉とは,そこに吹きまくる強風の音を模したもの。捨児だった青年ヒースクリフと,彼を拾って育ててくれた地主アーンショーの娘キャサリンとの間の激しい情熱的な愛を描いた物語。身分違いの愛は実らず,キャサリンは近くの地主リントンの息子と結婚してしまうが,間もなく娘を生んで死ぬ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あらしがおか【嵐が丘】

エミリー=ブロンテの長編小説。1847年刊。主人公ヒースクリフの悪魔的情熱を描いた作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嵐が丘
あらしがおか
Wuthering Heights

イギリスの女流作家エミリー・ブロンテの長編小説。1847年刊。舞台は、作家が住んだホーワースを思わせる荒涼たる山地で、捨て子ヒースクリッフがキャサリンに対して狂気のように激しい愛情の火を燃やしながら、ついにこの世では愛を成就させることができず、2人ともども隣り合った墓で長い眠りにつく。荒々しい自然を背景に、これも荒削りで悪魔的なまでに激しい人間の情熱を力強い筆致で描いたこの小説は、男の筆名で発表された当時は完全に黙殺、または非難されたが、現在では、人間の愛憎をぎりぎりの極限まで追究した高度の芸術作品として、シェークスピアの『リア王』、メルビルの『白鯨(はくげい)』に匹敵する評価が与えられている。[小池 滋]
『田中西二郎訳『嵐が丘』全二冊(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の嵐が丘の言及

【ブロンテ姉妹】より

… 詩集の失敗の後,3姉妹は小説をそれぞれ同じ筆名を用いて書き,ロンドンの出版社に送ったが,拒否されることが続いた。エミリーの《嵐が丘》と,アンの《アグネス・グレー》は,やっと出版社が見つかり,それぞれ1847年に日の目を見たが,ほとんど黙殺ないし悪評で葬り去られてしまった。シャーロットの《教授》は出版社が見つからないため,彼女は第2の小説《ジェーン・エア》を書いたが,これがロンドンの出版社に受け入れられ,同じ47年刊行されたところ,爆発的人気を呼んだ。…

※「嵐が丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嵐が丘の関連キーワードジェラルディン フィッツジェラルドブッシュ(Kate Bush)アナ カルダー・マーシャルローレンス・カー オリビエ吉田喜重(よしだよししげ)イアン オーギルヴィージャネット マクティアパスカル ボニツェールウェンディ オルナットジュリエット ビノシュバーナード ハーマンウィリアム ワイラードミニク カルフーニグレッグ トーランドレイフ ファインズブロンテ(姉妹)ブロンテ姉妹の家Haworthゴールドウィン楢原じゅんや

嵐が丘の関連情報