コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンコ ハンコ Hanko

3件 の用語解説(ハンコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンコ
ハンコ
Hanko

スウェーデン語ではハンゲ Hangö。フィンランド南部,ウーシマー県港湾都市。冬季不凍港ヘルシンキの西約 130km,バルト海にのぞみ,同国最南端に位置する。 1874年創設され,1940年軍港としてソ連に割譲されたが,41年フィンランド=ドイツ連合軍に占領された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハンコ【Hanko】

フィンランド南部,フィンランド湾頭に位置する港湾都市。人口1万2100(1981)。スウェーデン語を母語とする人が半数以上いる。市内にフィンランド本土の最南端部(北緯59゜48′30″)があり,野鳥の保護区域となっている。中世初期から港町だったが,1873年鉄道が開通し,ほぼ同時に現在の港が完成し,港湾都市としてさらに発展した。現在のような強力な砕氷船が出現する以前は,国内で冬でも使用できる唯一の港だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンコ
はんこ
Hanko

フィンランド南部の港湾都市。スウェーデン語名ハンギョーHang。長大な端堆石(たんたいせき)丘であるサルパウスセルカが、フィンランド湾に沈む所に延びた半島の先端に立地する。人口1万0008(2001)。冬季も凍結せずに利用可能な年が多いために、季節港湾として発展したが、砕氷船が発達して沿岸各湾がほぼ通年利用可能となったため衰退した。周辺は海浜保養地となっている。第一次ソビエト・フィンランド戦争後の1940年から44年まで、ソ連が海軍基地として租借したが、第二次ソビエト・フィンランド戦争後の44年からは、東の同じような半島上の港市ポルッカラPorkkalaに租借地を変更、56年同市はフィンランドに返された。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンコの関連キーワードフィン人フィンランディアフィンランドフィンランド湾パラフィンランプフィンランド・サンタクロースマラソンフィンランドバスソークフィンランド放送交響楽団ママとボクのフィンランドバスサイマー[湖]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハンコの関連情報