ハーディング(英語表記)Harding, Warren Gamaliel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーディング
Harding, Warren Gamaliel

[生]1865.11.2. オハイオ,コルシカ
[没]1923.8.2. カリフォルニア,サンフランシスコ
アメリカの政治家。第 29代大統領 (在任 1921~23) 。地方新聞の経営を足掛りに政界に進出,1899年オハイオ州上院議員,1915年合衆国上院議員となった。第1次世界大戦中は孤立主義を唱え,外交委員会に属して W.ウィルソンの平和構想に強く反対した。 20年の大統領選挙では共和党候補として「常態への復帰」を掲げて圧勝。 21年8月対ドイツ単独講和を結び,22年にはワシントン海軍軍備制限条約をイギリス,日本,フランス,イタリアとの間に締結。内政面では大資本保護政策,報償人事に伴うスキャンダル閣僚汚職で世論の鋭い批判にさらされ,政権崩壊寸前に西部遊説の途上で急死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーディング

米国の政治家。第29代大統領(1921年―1923年)。共和党。オハイオ州の連邦上院議員として政界に入る。〈平常への復帰〉をスローガンとして第1次大戦に疲れた選挙民の支持をえて当選。ワシントン軍縮会議など外交面での成果があったが,ティーポット・ドーム油田疑獄事件など側近の汚職事件が続発。遊説先のサンフランシスコで客死。
→関連項目クーリッジ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーディング【Warren Gamaliel Harding】

1865‐1923
第29代アメリカ合衆国大統領。在職1921‐23年。オハイオ州に生まれ,同州で《マリオン・スター》紙の社主として活躍。州政治から政界入りし,連邦上院議員(1915‐21)を経て,共和党から出馬し大統領となる。ハーディング内閣は,一面ではC.E.ヒューズやH.C.フーバーなど有能な閣僚に恵まれ,ワシントン軍縮会議(1921‐22)やその他外交面での成果を上げ,また第1次大戦後の不安定な経済を順調な軌道にのせることに成功した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーディング
はーでぃんぐ
Warren Gamaliel Harding
(1865―1923)

アメリカ合衆国第29代大統領(在任1921~23)。11月2日オハイオ州生まれ。ジャーナリズムで活躍したのち政界に入り、オハイオ州上院議員(1900~04)、同州副知事(1904~06)、連邦上院議員(1915~21)を歴任。1920年の選挙で共和党の大統領候補として「平常への復帰」を掲げて当選。保守的で、実業界の利益を重視して、政治の腐敗を招き、施政期にティーポット・ドーム事件など汚職事件が頻発した。指導性に欠けたが、ヒューズ国務長官やフーバー商務長官など有能な閣僚に恵まれ、ワシントン会議(1921~22)は成功裏に終わり、国内経済も未曽有(みぞう)の繁栄に向かった。23年8月2日遊説旅行中にサンフランシスコで急死した。[新川健三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ハーディング

(Warren Gamaliel Harding ウォーレン=ギャメイリエル━) アメリカ合衆国第二九代大統領(在任一九二一━二三)。共和党。大企業優先の産業奨励策をとり、また太平洋でのアメリカの勢力拡大に成功。閣僚の汚職事件との関係が暴露されて非難された。(一八六五‐一九二三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のハーディングの言及

【ワシントン体制】より

…以上の対立と並行して,列国とくに日米間には大戦末期以来海軍軍拡競争が進行中であり,各国の戦後復興にとって大きな負担となっていた。ここにW.G.ハーディング・アメリカ大統領は,軍備制限と東アジア・太平洋問題のための国際会議を提唱し,日本,アメリカ,イギリス,フランス,イタリア,ベルギー,オランダ,ポルトガル,中国の9ヵ国が参加することとなった。アメリカは,日本の中国進出の一支柱であった日英同盟が1921年に満期となることに着目し,これを終了させて新たな列国関係をつくり出すことを意図して,会議を提唱したのであった。…

※「ハーディング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーディングの関連情報