バイカツツジ(読み)ばいかつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカツツジ
ばいかつつじ / 梅花躑躅
[学]Rhododendron semibarbatum Maxim.

ツツジ科の落葉低木。高さ1~2メートル。若枝や葉柄に腺毛(せんもう)が多い。葉は枝先に集まって互生し、楕円(だえん)形で長さ3~5センチメートル、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。6~7月、前年の枝の先端近くにやや小形の白色花を開くが、新葉に隠れてあまり目だたない。花冠は5裂して平開し、径約2センチメートルで上面に紅紫色の斑点(はんてん)がある。雄しべは5本。上の2本は仮雄蕊(かゆうずい)化して短く、花糸に白毛を密生し、下の3本は長くて花糸の基部に毛がある。萼(がく)、花柄、果実に腺毛がある。果実は球形で径約5ミリメートル、熟すと5裂する。山地に広く生え、北海道の渡島(おしま)半島から九州に分布する。名は、花がウメの花を思わせることによる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバイカツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…第2群は花芽と葉芽との別があり,葉芽は枝の先につき,その下に花芽ができる。バイカツツジ節とセイシカ節とがある。前者は花芽は1個の花をもち,果実は球形。…

※「バイカツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android