コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカモ

2件 の用語解説(バイカモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バイカモ

ウメバチモとも。北海道,本州に分布し,浅くてきれいな流水中にはえるキンポウゲ科多年草。葉は数回糸状に裂け,茎に互生する。花は夏,葉腋から出た花柄上に1個つき,水上に浮かび,径1〜1.5cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカモ
ばいかも / 梅花藻
[学]Ranunculus nipponicus (Makino) Nakai var. submersus Hara

キンポウゲ科の多年草。山野の澄んだ流れの中に生育する。茎は長さ1~2メートル、柔らかく、流れになびく。葉はすべて水中に沈み、3、4回3出複葉、裂片はさらに細く裂け、糸状となる。6~8月、径約1.5センチメートルでウメの花に似た白色花を1個ずつ腋生(えきせい)する。集合果は球形で痩果(そうか)の背面に剛短毛がある。北海道と本州に分布する。沈水葉のほかに、水面に浮かぶ扇形の葉(浮葉)がある変種イチョウバイカモは、上高地(かみこうち)に分布する。ヒメバイカモR. kazusensis Makinoはバイカモに近縁の別種で、全体が小さく、果実の表面に毛がない。北海道、本州、九州、および朝鮮半島に分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイカモの関連キーワードメバル梅鉢梅鉢草梅鉢藻熊啄木鳥飴蜂目撥オオスズメバチ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイカモの関連情報