コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイカモ

百科事典マイペディアの解説

バイカモ

ウメバチモとも。北海道,本州に分布し,浅くてきれいな流水中にはえるキンポウゲ科の多年草。葉は数回糸状に裂け,茎に互生する。花は夏,葉腋から出た花柄上に1個つき,水上に浮かび,径1〜1.5cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイカモ
ばいかも / 梅花藻
[学]Ranunculus nipponicus (Makino) Nakai var. submersus Hara

キンポウゲ科の多年草。山野の澄んだ流れの中に生育する。茎は長さ1~2メートル、柔らかく、流れになびく。葉はすべて水中に沈み、3、4回3出複葉、裂片はさらに細く裂け、糸状となる。6~8月、径約1.5センチメートルでウメの花に似た白色花を1個ずつ腋生(えきせい)する。集合果は球形で痩果(そうか)の背面に剛短毛がある。北海道と本州に分布する。沈水葉のほかに、水面に浮かぶ扇形の葉(浮葉)がある変種イチョウバイカモは、上高地(かみこうち)に分布する。ヒメバイカモR. kazusensis Makinoはバイカモに近縁の別種で、全体が小さく、果実の表面に毛がない。北海道、本州、九州、および朝鮮半島に分布する。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バイカモの関連キーワードキンポウゲ姫梅鉢藻柿田川閉鎖花淡水草明神池梅鉢藻気葉尾瀬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイカモの関連情報