コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)葉 ウキハ

デジタル大辞泉の解説

うき‐は【浮(き)葉】

水面に浮いている。特に、初夏、ハス根茎から出た若葉。 夏》「堰守(せきもり)の篝火あかき―かな/楸邨

ふ‐よう〔‐エフ〕【浮葉】

水面に浮かんでいる葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふよう【浮葉】

ハス・ヒシなどの水生植物の水面に浮かんでいる葉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮葉
ふよう

葉身を水面に浮かべる葉。根が水の底の土中にある植物では長い葉柄をもって葉身を水面に浮かべるが(ハスなど)、サンショウモなどでは個体全体が浮いた状態となる。ハスなどの浮葉では、葉の水面に出ている上面に気孔がある。サンショウモの沈水葉は根のように細長くなっており、浮葉と形が違うが、ともに葉に相当する器官である。クロモ、カナダモなどでは沈水葉だけで、浮葉をもたない。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

浮葉 (ウキバ)

植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物。ハスの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

浮(き)葉の関連キーワード細葉水引藻酢漿草藻大山椒藻阿古免草水生植物水雛芥子四葉浮草御簾藻草姫白莕菜四酢漿草水雛罌粟姫川骨酢漿藻阿左々小蓮花小蓮華眼子菜笹葉藻辛川草浮畔菜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android