バイヤン(英語表記)Vailland, Roger François

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バイヤン」の解説

バイヤン
Vailland, Roger François

[生]1907.10.16. エーヌ
[没]1965.5.12. アン
フランスの小説家。パリ大学で哲学を学ぶ。シュルレアリスム系の雑誌『大いなる賭け』 Le Grand Jeu (1925) の創刊に参画。第2次世界大戦中は従軍記者,次いで対独レジスタンスの闘士として活躍,その体験を最初の小説『奇怪な遊び』 Drôle de jeu (45,アンテラリエ賞) に描いた。作品はほかに,人間の欲望と感性のメカニズムを冷静な筆致で描き出した小説『やりぞこない』 Les Mauvais coups (48) ,『ボー・マスク』 Beau masque (54) ,『32万 5000フラン』 325,000francs (55) ,『』 La Loi (57,ゴンクール賞) ,『祝祭』 La Fête (60) など。戯曲エロイーズアベラール』 Heloïse et Abélard (50,イプセン賞) など。また死後出版の『内的記録』 Écrits intimes (68) は,この作家に新たな評価を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「バイヤン」の解説

バイヤン【Édouard‐Marie Vaillant】

1840‐1915
フランスの社会主義者。ドイツ医学をおさめ,フランス第二帝政下にインターナショナルに加盟。1871年コミューン議員となり,教育担当相として活躍した。その壊滅後,亡命地ロンドンでブランキ派親交をもち,80年特赦による帰国後は同派の指導者の一人となる。84年パリ市会議員に当選,93年からはパリ第20区選出下院議員として死ぬまで活躍,同時に出身地シェール県にも社会主義組織を根づかせた。反教権主義や常備軍廃止などブランキの思想継承を唱えたが,同時にマルクス主義にも理解のあった彼は,そのフランスへの適用を考え,ゲード派とほぼ一貫した友好関係を保ち,ブルジョア政党とのいっさいの協力を排する革命派の立場をとった。

バイヤン【Roger Vailland】

1907‐65
フランスの作家。オアーズ県の生れ。シュルレアリスト,ジャーナリスト,共産党員(後にハンガリー事件で脱党)など,いろいろの〈季節(セゾン)〉を,また小説,戯曲,エッセーなど多様なジャンルを手がけている。しかし,それらに共通して,体質のような18世紀流の自由思想,快楽主義と,だからこそそれを制御しようとする厳しいモラリスム,いいかえると個人主義と社会主義,芸術と政治の矛盾・相克のドラマがみられる。その点,小説ではデビュー作でレジスタンスを扱った《奇妙な遊び》(1945)やゴンクール賞受賞作《掟》(1957),反宗教の戯曲《エロイーズとアベラール》(1947),師と仰いだラクロ自身に語らせた形式の《ラクロ論》(1953),死後発刊されたエッセーの集大成《内的記述》(1968)などにバイヤンの面目躍如としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバイヤンの言及

【ドーマル】より

…アルデンヌ県生れ。ランスでのリセ(高等中学校)時代にジルベール・ルコントRoger Gilbert‐Lecomte(1907‐43),R.バイヤンらと知りあい,若い詩人たちのグループを形成。やがてパリに出て,1928年に機関誌《大いなる賭》を創刊し,その同人中の指導的存在となる。…

※「バイヤン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android