コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バインナウン Bayinnaung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バインナウン
Bayinnaung

[生]1516
[没]1581
ビルマ(→ミャンマー),タウングー朝第3代の王(在位 1551~81)。Braginocoともいう。前王タビンシュエティーの義弟で,南はペグーバゴー),北はアバ,シュエボウ,東はチエンマイラオスを支配した。さらにタイの都アユタヤを占領し(1564,1569),またユンナン(雲南)を通じへ朝貢した。仏塔,寺院の建立に努め,ダンマタッ(慣習法典)を編集した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バインナウン【Bayinnaung】

1516‐81
初代国王ダビンシュウェティーの死後瓦解したタウングー朝ビルマを再建した第2代の国王。在位1551‐81年。別名のシンビューミャーシンは〈多数の象の所有主〉を意味する。タイではブレンノーン,明では莽瑞体という名で知られる。先王とは乳兄弟で,王の妹を妻に迎え,皇太子に任じられていたが,1550年に先王がモン族太守に謀殺されると直ちにモン族の制圧に乗り出し,51年2月タウングーを奪回して即位した。火器とポルトガル人傭兵とを活用した王は,51年4月にペグー,5月バテイン,9月プローム,52年12月にはアバを落として,ビルマ全土を統一した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バインナウンの関連キーワードビンニャー・ダラナンダ・バインマハムニ寺院アバ朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android