コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バインナウン バインナウン Bayinnaung

2件 の用語解説(バインナウンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バインナウン
バインナウン
Bayinnaung

[生]1516
[没]1581
ビルマ(→ミャンマー),トングー朝第3代の王(在位 1551~81)。Braginocoともいう。前王タビンシュエティーの義弟で,南はペグー,北はアバ,シュエボ,東はチエンマイラオスを支配した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バインナウン【Bayinnaung】

1516‐81
初代国王ダビンシュウェティーの死後瓦解したタウングー朝ビルマを再建した第2代の国王。在位1551‐81年。別名のシンビューミャーシンは〈多数の象の所有主〉を意味する。タイではブレンノーン,明では莽瑞体という名で知られる。先王とは乳兄弟で,王の妹を妻に迎え,皇太子に任じられていたが,1550年に先王がモン族太守に謀殺されると直ちにモン族の制圧に乗り出し,51年2月タウングーを奪回して即位した。火器とポルトガル人傭兵とを活用した王は,51年4月にペグー,5月バテイン,9月プローム,52年12月にはアバを落として,ビルマ全土を統一した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バインナウンの関連キーワードオーバーダビングタウングー朝ダビンチフェティッシュツェティニェ修道院ティーマークフェティシストシュウェップス バレンシアオレンジティーノダビンシュウェティー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone