コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バカラック

3件 の用語解説(バカラックの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バカラック

米国のミュージシャン,作曲家。ポピュラーソングの伴奏・編曲・指揮者から,作詞家のハル・デービッドと共同して作曲を始め,1960年代にディオンヌ・ワーウィック,カーペンターズなどによるヒット作を連続して発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バカラック【Burt Bacharach】

1928‐
ポピュラー・ソング映画音楽の分野で活躍するアメリカの作曲家。ミズーリ州カンザス・シティ生れ。歌手の伴奏の編曲・指揮者として出発し,マルレーネ・ディートリヒらの伴奏で名を上げたのち作曲を開始。1957年以降しばしばヒット曲を生み,65年から映画音楽も手がけ始めた。映画《明日に向かって撃て!》のオリジナルスコアとその主題歌雨にぬれてもRaindrops Keep Fallin’ On My Head》で69年のアカデミー賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バカラック
ばからっく
Burt Bacharach
(1928― )

アメリカの作曲家、指揮者、ピアノ奏者。ミズーリ州カンザス・シティに生まれ、ニューヨークで育つ。小学生のときからピアノを学ぶ。高校時代にジャズを知って仲間と楽団を結成。マクギル大学とマンズ音楽学校を経てウエスト音楽アカデミーに入り、作曲家ダリウス・ミヨー、ヘンリーカウエルHenry Cowell(1897―1965)らに師事。1950年から52年まで陸軍の兵士慰問機関に勤務し、53年に歌手ビック・ダモーンVic Damone(1928― )の伴奏者として音楽界に入り、作曲と編曲も行う。56年に作詞家ハル・デビッドHal David(1921― )に出会い、共作の『ストーリー・オブ・マイ・ライフThe Story of My Lifeがマーティー・ロビンズMarty Robbins(1925―82)のレコードで57年に初のヒットとなる。58~61年マレーネ・ディートリヒの伴奏者を務めた後、62年からハルとのコンビで歌曲づくりに専念した。彼らが育てた歌手ディオンヌ・ワーウィックDionne Warwick(1940― )による『ドント・メイク・ミー・オーバー』Don't make me over, man!(1962)、『ウォーク・オン・バイ』Walk on by(1964)、『小さな願い』I Say a Little Prayer(1967)などを皮切りにヒットが続出。大胆な転調や変拍子、リズムとサウンドにも独自のくふうを示す異色の作風で大作曲家の列に加わった。
 1968年にはミュージカル『プロミセス、プロミセス』Promises, Promisesの音楽を担当して成功を収める。続いて映画『明日に向って撃て!』(1969)ではアカデミー作曲賞を受け、同映画の主題歌『雨にぬれても』Raindrops Keep Fallin' on My Headと81年の映画『ミスター・アーサー』の主題歌『ニューヨーク・シティ・セレナーデ(アーサーのテーマ)』Arthur's ThemeBest That You Can Do)でアカデミー主題歌賞を受賞するなど、映画音楽での活躍も目覚ましい。歌手・ソングライターのキャロル・ベイヤー・セーガーCarole Bayer Sager(1946― )と82年に結婚(91年離婚)。共作に前記『ニューヨーク・シティ・セレナーデ』、86年度グラミー賞最優秀歌曲賞受賞の『愛のハーモニー』That's What Friends Are Forなどがある。そのほか『サンホセへの道』Do You Know the Way to San Jose?、『クロース・トゥ・ユー』(They Long to BeClose to You、『ルック・オブ・ラブ』Look of Loveなど多くのヒット作がある。[青木 啓]
「『ルック・オブ・ラブ~バート・バカラック・コレクション』CD3枚組(1999・ブルース・インターアクションズ)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バカラックの関連情報