コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッテラ バッテラ〈ポルトガル〉bateira

5件 の用語解説(バッテラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バッテラ(〈ポルトガル〉bateira)

《小舟の意》鮨飯の上に締め鯖(さば)をのせ、箱型で押し固めた鮨。もと、形が小舟に似ていたところからいう。バッテーラ 夏》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

バッテラ

サバに塩をして酢でしめたものを酢飯の上にのせた押しずし。もとはポルトガル語の「bateira(バッテーラ)」で、洋式船に搭載された小船(はしけ)を意味する。もともと使われていたコノシロの形状が、それに似ていたことからこう呼ばれた。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

バッテラ【bateira(ポルトガル)】

さばの押しずし。◇「小型の舟、ボート」の意。1893(明治26)年、大阪・順慶町(現中央区南船場)にあったすし店「鮓常」の中恒吉(なかつねきち)が考案したものとされる。当初は、大阪で当時たくさんとれたこのしろを用いたもので、しっぽのピンとあがった形がボートを思わせることからこう呼ばれるようになったという。のちにこのしろの値が上がり、さばが用いられるようになった。この店は現在「すし常」の店名で、大阪市中央卸売市場の建物内で営業している。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッテラ
ばってら

サバを用いた押しずしの一種で、大阪のすし店「鮓常(すしつね)」が明治時代の中ごろに考案したもの。初めはコノシロを酢じめし、半身を用いてすしにしたところ尾がぴんとあがり、小形のボートに似た形になった。そこで、ポルトガル語で小形の舟を意味するバテイラbateiraとよばれるようになり、バッテラと変化したといわれている。のちにコノシロの漁獲が減り値が高くなったので、サバにかわった。作り方は、サバを三枚におろし、まず数時間強めの塩をしてから酢でしめる。皮を取り除き、薄く身をそぎ、すし枠にサバを並べる。すし飯を詰めて押して抜き、あわせ酢で煮た白板昆布(しろいたこんぶ)をのせる。サバを薄く切って使うため安価で庶民的なすしである。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバッテラの言及

【すし(鮓∥鮨)】より

…棒ずしでは京都のサバずしが有名で,江戸時代から祇園祭には欠かせぬものであった。同じくサバを用いるものに大阪のバッテラがある。これは明治中期に考案されたもので,コノシロの片身を用いた形が小舟のようだというのでオランダ語でボートの意のバッテラと呼ばれるようになり,その後コノシロの値が上がったのでサバに変えたものである。…

※「バッテラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バッテラの関連情報