コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッハオーフェン Johann Jakob Bachofen

4件 の用語解説(バッハオーフェンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

バッハオーフェン【Johann Jakob Bachofen】

1815~1887) スイスの法制史家。「母権論」を著し、人類の最も原始的段階における乱婚制の存在、父権制社会に先立つ母権制社会の存在を主張。モルガンなどに影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バッハオーフェン

スイスの法学者,人類学者。バーゼル大学教授。主著《母権論》(1861年)で,T.モムゼンらのローマ史研究に対抗しつつ,人類史における乱婚制,母権制,父権制という段階発展説を提唱,家父長制的支配原理一色の史観に衝撃を与えた。
→関連項目女性史

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バッハオーフェン【Johann Jakob Bachofen】

1815‐87
スイスバーゼル大学のローマ法教授であったが,西洋古典神話に大きな関心をもち,ことに《母権論Das Mutterrecht》(1861)の著者として知られている。彼は社会を進化論的に段階づけて,アフロディテ女神によって象徴される〈泥沼的生殖関係〉の時代,次にデメテル女神によって象徴される〈母権〉ないし〈女人政治制〉の時代,最後にアポロ男神によって象徴される〈父権〉の時代がきたと論じた。この3段階の図式はそのままの形では一般に受け入れられなかったが,父権制以前に母権制があったという考えは,歴史家,民族学者に影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バッハオーフェン
ばっはおーふぇん
Johann Jakob Bachofen
(1815―1887)

スイスの法律学者、民族学者。バーゼル大学、ケンブリッジ大学などで法学を研究し、バーゼル大学のローマ法教授、バーゼル裁判所判事を歴任。もっとも初期の進化主義的民族学者の一人。彼は法制史の研究者としてローマ法やギリシア古代の探究に向かい、そこにヨーロッパが長い間知っていたのとはまったく異質な親族関係が存在していたことに気づいた。この異質性は「父権制」に対する「母権制」として理解され定式化された(『母権論』1861)。こうして人類史における婚姻および親族関係の「発展」は三段階を通ってきたという。第一段階は原始的乱婚の時代で「娼婦(しょうふ)制」とよばれ、第二段階が「女人政治制」で、これが本来の「母権制」である。第三段階は「父権制」ということになる。彼は母系的系譜関係の重要性に注目した最初の人物ではないが、これを進化主義的枠組みのなかにおいて理解し、後のJ・F・マクレナンやL・H・モルガンに大きな影響を与えた。[加藤 泰]
『富野敬照訳『母権論』(1938・白揚社) ▽岡道男・河上倫逸訳『母権論』(1991・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバッハオーフェンの言及

【家族】より

…しかしその後の人類学者の研究の結果,彼の学説には否定的見解が多く出されている。 家族についての先駆的研究としては,これ以前に代表的なものとしてバッハオーフェン《母権論》,H.J.S.メーン《古代法》(ともに1861),フュステル・ド・クーランジュ《古代都市》(1864)が挙げられよう。《母権論》は,原初的雑交Hetärismus期に次いで母権制あるいは女人政治制Gynaikokratieを想定し,父権制に先行するものとした。…

【母権制】より

…(1)財産や集団の成員権などが母系をたどって伝えられ(母系制),(2)婚姻生活が妻方の共同体で営まれ(妻方居住婚),(3)家族内外で女性が優越的地位を有する(家母長制)という一連の要素を内包する社会制度をさす。《母権論》(1861)を著し原始母権制説を唱えたバッハオーフェンによれば,人類の最も原始的な段階では乱交的性生活が営まれ,血縁関係は母系的にたどられた。子どもは母方に居住し,確実に知られる唯一の親として母親が尊敬された。…

※「バッハオーフェン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バッハオーフェンの関連キーワードバーゼル美術館ブルクハルトヘーゼルイーゼルバーゼル交響楽団バーゼル室内管弦楽団バーゼルの喜びバーゼル放送交響楽団ポルトマンホイスラー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone