コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バニュワンギ Banyuwangi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バニュワンギ
Banyuwangi

インドネシア,ジャワ島東端部,バリ海峡にのぞむ港町ジャワティムール州に属する。 18世紀末にオランダはここに理事官を派遣し,バリ島ロンボク島の監視をさせた。農産物集散積出しが行われ,バリ島と結ぶフェリー連絡港でもある。竹紙が製造される。人口9万 359 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バニュワンギ(Banjuwangi)

インドネシア、ジャワ島東端の港湾都市バリ海峡を挟んで対岸にバリ島が浮かぶ。長らくヒンズー教国のバランバンガン王国の支配下にあったが、18世紀末にオランダ領となった。コーヒー、米を産する。近郊にバンテン水牛)が生息するバルラン国立公園がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バニュワンギ【Banyuwangi】

インドネシア,東ジャワ州の同名県の県都。人口約8万。ジャワ語で〈バニュ〉は水,〈ワンギ〉は芳香を意味する。バニュワンギ県はジャワ島東端部に位置し,バリ海峡に面する。古くからバリ島との交流が盛んで,今日でもフェリーが県内のクタパン港から日に何本も往来している。バニュワンギをはじめとするジャワ島東端部は,かつてバランバンガンBalambanganの名で呼ばれる地方王朝の支配下にあり,さらに中部ジャワ,バリ,マドゥラの諸勢力が入りこみ,オランダ東インド会社をまじえて複雑な抗争を繰り返した歴史をもっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バニュワンギ
ばにゅわんぎ
Banjuwangi

インドネシア、ジャワ島東端の港湾都市。狭いバリ海峡を隔ててバリ島と対する。地名は「香りある水」の意。人口7万6596(1971)。バリ島のギリマヌックとの間に連絡船が通じる。周辺はゴム、コーヒー、コプラ、米、バナナなどの産地。オランダ領時代にはユトレヒト城塞(じょうさい)が建設された。シンガポール、オーストラリアへの海底ケーブルの起点でもある。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バニュワンギの関連キーワードインドネシアアンクルン

バニュワンギの関連情報