バミューダ諸島(読み)バミューダしょとう(英語表記)Bermuda Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バミューダ諸島
バミューダしょとう
Bermuda Islands

旧称ソマーズ Somers諸島。大西洋北西部にある島群。イギリスの属領。アメリカ合衆国東岸,ノースカロライナ州のハッテラス岬の東南東約 1000km沖合いに位置する。北東-南西方向に約 30kmにわたり釣針形をなして連なる約 300の島嶼,岩礁からなるが,人が住む島は 20ほどにすぎない。首都ハミルトンのある主島 (大バミューダ島) のほか,おもな島はセントデービッズ,セントジョージズ,サマーセットなどで,これらは道路橋により結ばれている。サンゴ礁の島としては世界の北限に位置する。地形は全体に丘陵性で,最高点は 79m。 1515年スペイン人 J.ベルムデスにより「発見」されたといわれ,1609年イギリスの提督 G.ソマーズが難船して定住するまで無人島であった。 1684年イギリスの直轄植民地となり,18世紀には海軍基地がおかれた。現在はイギリス海軍基地施設はほとんど撤去され,代わってアメリカ合衆国の海・空軍基地がおかれている。気候や風光に恵まれていることから 19世紀末より観光客が訪れるようになり,現在観光業が最も重要な産業となっている。ほかに小型船舶建造,船舶修理,医薬品,香料などの工業があるが,いずれも小規模で,政府は軽工業の振興をはかっている。面積 54km2。人口 6万5300(2011推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バミューダしょとう【バミューダ諸島】

〔Bermuda〕 北アメリカの東方、大西洋西部にある小島群。イギリス領。温暖な気候に恵まれた保養・観光地。中心都市ハミルトン。バーミューダ諸島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バミューダ諸島の関連情報