バラハタ(読み)ばらはた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラハタ
ばらはた / 薔薇羽太
lunar-tailed rock cod
[学]Variola louti

硬骨魚綱スズキ目ハタ科に属する海水魚。高知県以南、南・西太平洋、インド洋、紅海などにわたり広く分布し、沿岸の岩礁やサンゴ礁にすむ。全長60センチメートルに達し、体は細長く側扁(そくへん)する。尾びれ後縁は深く湾入し、上下両葉の軟条は長く延長する。体色は紫赤色、橙赤(とうせき)色など変化に富み、体には紫色の小円点が散在する。背びれ、臀(しり)びれ、尾びれの後縁は黄色である。幼魚の体側には幅広い黒紫色の縦帯がある。一本釣りで漁獲されるが、味はあまりよくない。南方産のものには、ときにシガテラ毒(毒素はシガトキシンciguatoxin)をもつものがあり、これを食べると神経や胃腸障害の中毒をおこすことがある。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバラハタの言及

【ハタ(羽太)】より

…美味な種が多く,刺身,洗い,煮つけ,塩焼き,空揚げ,なべ料理などにする。しかし,サンゴ礁域にすむバラハタValiora louti,マダラハタEpinephelus microdon,オオアオノメハタPlectropomus truncatusなどは,シガテラ毒による中毒が発生したという記録がある。この場合の毒は餌となる生物に由来すると考えられており,これは同一種でも有毒なものと無毒なものとがあること,若魚より老成魚において毒性が強いなどの特徴があり,注意が必要である。…

※「バラハタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android