バリエーション

精選版 日本国語大辞典「バリエーション」の解説

バリエーション

〘名〙 (variation)
① 基本の形から少し変化したもの。変型。
※不思議な島(1923)〈芥川龍之介〉「その二つの標準に種種様様のヴァリエエションがある」
② 音楽のある主題や楽句が、さまざまに変化して反復される形式の曲。舞曲のシャコンヌやパッサカリアなど。変奏曲
※浅草(1931)〈サトウ・ハチロー〉僕の浅草「楽燕の節をひねって、浪花節のバレエションをつくらうよ」
③ 生物学で、変異
※生物の世界(1940)〈今西錦司〉五「野生の動物を捕へてきて、これを家畜化した場合に、いろいろな変異(バリエーション)が現はれてくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

音楽用語ダス「バリエーション」の解説

バリエーション

GSXGに対応した音源では音色が0から127まで(メーカーによっては1から128まで)用意されているが、その一つ一つバリエーションと呼ばれる別タイプの音色が用意されており、特定のコントロールチェンジのナンバーで呼び出すことができる。例えばギターのバリエーションの中には表のプログラムナンバーには無いマンドリンやウクレレなどが用意されている。

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android