コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカン山脈 バルカンさんみゃくBalkan Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルカン山脈
バルカンさんみゃく
Balkan Mountains

ヨーロッパ南東部,バルカン半島の主要山脈。ブルガリア語ではスタラプラニナ Stara Planina,古代名ヘムス Haemusアルプス造山運動の一環としてカルパート山脈の一支脈をなし,ブルガリア中部を東西に横断する。ブルガリアとセルビアの国境近くのティモク峡谷に発し,初め南東へ,さらにブルガリアの首都ソフィア付近からはほぼ東へまっすぐ延びて,黒海沿岸のエミネ岬に達する。全長約 530km,幅約 15~35km,平均標高 722m,最高峰はブルガリア中央部のボテフ山 (2376m) 。北側の大陸性気候と南側の亜大陸性気候を分かつ境界をなすが,冬季は寒冷な北東風を受けて平均 60日以上の降雪があり,年間降水量は平均 1000mmをこえるところもある。多くの河川がここに源を発し,水力発電も盛ん。植物相および動物相は中部ヨーロッパ型で,鉱物資源は比較的乏しく,石炭,黒鉛,金属鉱石など。鉱泉,温泉と鍾乳洞が多く,保養・観光施設も多い。なお「バルカン」はトルコ語起源で,「山」の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バルカン‐さんみゃく【バルカン山脈】

ブルガリア中央部を東西に走る山脈。最高峰は中部にあるボーテフ山で標高2763メートル。ブルガリア語名スタラ‐プラニナ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

バルカンさんみゃく【バルカン山脈】

ブルガリアの中央部を東西に走る新期褶曲山脈。長さ600キロメートル。最高峰はボテフ山、海抜2375メートル。別名、スタラ-プラニナ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルカン山脈
ばるかんさんみゃく
Balkan Mountains

ブルガリア中央部を東西に走る山脈。ブルガリア語名スタラ・プラニナStara Planina(「古い山脈」の意)。ブルガリア西部のセルビアとの国境から黒海に至る五百数十キロメートルの長さの山脈で、アルプス造山期に形成された。最高点は2376メートルのボテフBotev山。山脈の北側斜面は急傾斜で標高100~700メートルのドナウ平野に臨む。南側斜面の西部はバルカン半島の西部地域を占める山地に移行し、東部は丘陵性の前山を経てマリーツァ川の河谷平野に臨む。北側の水系はドナウ川に、南側の水系はエーゲ海に注ぐ。地中海性気候の北限をなし、山脈北側は大陸性気候となる。森林に覆われ、山間に保養地がある。斜面では牧畜が営まれる。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バルカン山脈の関連キーワードスターラ・プラニナ[山脈]ベログラドチック要塞スランチェフブリャグバルナ(ブルガリア)ベログラドチックベリコ・タルノボトゥンジャ川マダラの騎士スタラザゴラネビトダグイスカル川トリバリ人東ルメリアトリャブナシューメンカムチヤ川ブラッツァオフリド湖カザンラクヤントラ川

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android