バルト三国(読み)バルトサンゴク

百科事典マイペディアの解説

バルト三国【バルトさんごく】

バルト海南東岸のエストニアラトビアリトアニアをさす。民族的にはエストニア人はフィン・ウゴル系,ラトビア人とリトアニア人はインド・ヨーロッパ語族バルト語派。エストニアとラトビアの地域はドイツ騎士修道会(リボニア騎士団)領の時代が長いが,リトアニアの地域はポーランド人と歴史を共有する。19世紀初めまでに3国ともロシア帝政下に入るが,1918年3国とも独立を宣言,1939年の独ソ不可侵条約に付属する秘密のモロトフ=リッベントロップ議定書により,翌年ソ連圏に入れられた。1941年―1944年ドイツ軍の占領後,ソ連圏に戻る。ソ連への編入過程で多くの亡命者が出,また第2次大戦後の集団化の時期も含めて十数万の人々がシベリア等に強制移住させられた。1980年代後半のペレストロイカのなかでソ連からの分離独立運動が高揚し,1991年8月独立を回復,翌月ソ連も承認した。独立国家共同体には入らず,2004年NATO(北大西洋条約機構)およびEU(ヨーロッパ連合)に加入した。
→関連項目ヨーロッパヨーロッパ安全保障協力機構

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バルトさんごく【バルト三国】

バルト海東岸のエストニア・ラトビア・リトアニアの三共和国。1940年にソ連邦に編入され、その構成国となったが、91年それぞれ独立を回復。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルト三国
ばるとさんごく
Baltic States

ヨーロッパ北東部のバルト海沿岸に位置するエストニア、ラトビア、リトアニアの三国をさす。ラトビアとエストニアは、13世紀初頭にドイツの帯剣騎士団に支配された。リトアニアは独立を維持し、1386年に大公ヤギェウォJagieoがポーランド・リトアニア連合王国の国王(在位1386~1434)となり、16世紀中葉には同王国がエストニア南部とラトビアをも領有した。しかしエストニアとラトビアの大半は1629年にスウェーデンの、1721年にはロシアの支配下に置かれ、同世紀末のポーランド分割の結果バルト三国全体がロシア領となった。三国はロシア帝国下にあった1918年に独立を宣言し(リトアニアは2月16日、エストニアは2月24日、ラトビアは11月18日)、共和国を成立させた。20年の平和条約によってソ連から独立を承認され、22年には三国ともに国際連盟に加盟した。三国それぞれで民主主義体制が導入されたが、多党の乱立で政情は不安定であった。また、国家の一体化を進めるために民族主義路線が採られた。とくに、エストニア、ラトビアでは13世紀の当地域への進出以来、実権を握ってきたバルト・ドイツ人(総人口比約5%)は自らの政党が議席をもってはいたものの、しだいに厳しい政策の下に置かれるようになった。政情の不安定さに加えて、世界恐慌の影響が及び、リトアニアは早くも26年に、エストニア、ラトビアでも34年には権威主義的な独裁体制が導入された。国際環境の緊張から、34年には、三国はスイスのジュネーブで「バルト協商」を締結したが、この条約は実務的な三国間の協力にとどまった。39年8月23日にドイツ・ソ連間で不可侵条約が締結され、秋には、三国が次々とソ連との相互援助条約の締結を強いられ、ソ連軍の駐屯を認めた。この背景には、独ソ不可侵条約の付属秘密議定書があり、三国をソ連圏に置くことが約されていた。ソ連軍駐留下での選挙の結果、40年8月に親ソ三国政府はソ連邦へ加盟した。ソ連時代の当初、中央集権化を進める過程で、多数の人々がシベリアの強制収容所へ送られたり、ドイツ、アメリカ、スウェーデン、カナダ、オーストリアなどへ亡命していった。41年から44年のドイツ軍占領の後、ソ連軍が再占領した。農業の集団化に反対する人々のゲリラ活動は、50年代前半まで続いた。ソ連政府によって、三国は沿バルト社会主義共和国として位置づけられる一方で、中央政府と直結し統治された。1985年のゴルバチョフソ連共産党書記長の登場による民主化の動きに、三国はまず、環境運動で呼応し、自立そして分離・独立運動へと展開していった。これは、ゴルバチョフの考えるソ連邦内のバルト三国という位置からしだいに遊離するもので、1991年8月、モスクワでの保守派クーデターの失敗を機に、独立を回復した。
 20世紀の三国の歴史的経験が、まさに、バルト三国という呼称を国際的に生み出し、連帯感を強化していったが、それはソ連からの分離・独立運動にも大きな役割を果たした。また、独立回復後の歩みにおいても三国の協力は無視できない。[志摩園子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルト三国の関連情報