バローハ(英語表記)Pío Baroja

百科事典マイペディアの解説

バローハ

スペインの〈98年世代〉に属する作家。〈98年世代〉に共通する悲観論の持主であったバローハにとって社会は腐敗しており,救済の唯一の手段は闘いであり行動であった。従って人間の内面分析よりも行動に重点を置いた作品を書いたが,《ある活動家の回想記》や《冒険児サラカイン》がその典型である。他に自伝的な《知恵の木》やマドリードの下層民を描いた《探求》などが代表作。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バローハ【Pío Baroja】

1872‐1956
スペインの〈98年代〉作家の一人。バスク地方の出身。マドリード大学で医学を学ぶかたわら文学に情熱を示し,ニーチェニヒリズム無政府主義の思想に染まる。〈懐疑〉〈厭世〉〈陰鬱〉の人生観に支配された苦悩の人物を描く反面,革命運動に一身をささげた冒険家を主人公にした大長編歴史小説《ある活動家の回想記》(1913‐35)に見られるような行動的人間へのあこがれも強い。社会の矛盾に抗しきれず自殺してゆく青年の苦悩を描いた《知恵の木》(1911)は自伝的要素が濃い代表作である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

バローハ

(Pío Baroja ピオ━) スペインの小説家。平明な文章で、温かい人間味と厭世観を漂わせた作品を発表。作品に「人生のための闘い」「知恵の木」など。(一八七二‐一九五六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバローハの言及

【スペイン文学】より

…なお19世紀も末になるとフランスの自然主義が移入され,E.パルド・バサン,クラリンClarín(1852‐1901),V.ブラスコ・イバーニェスらがすぐれた作品を残した。
【〈98年世代〉から〈27年世代〉へ】
 1898年の米西戦争の敗北で祖国が最後の植民地を失ったとき,スペインの後進性を痛感し,苦悩のうちに未来を模索した作家たちを〈98年世代〉と呼ぶが,その中心となったのは《生の悲劇的感情》で理性と信仰の葛藤を論じ,それをヨーロッパとスペインとの関係にまで広げたM.deウナムノ,古典文学の再評価を通してスペインの魂を探求したアソリン,スペイン文学史上最も完成された小説家のひとりに数えられるP.バローハ,詩集《カスティリャの野》で,荒涼としたカスティリャの風景の観照を通してスペイン(人)の本質をさぐったアントニオ・マチャードらである。概してペシミズムを基調とし,真のスペインを発見しようとした〈98年世代〉に対し,ヨーロッパの思想に沿おうとした知識人たちを20世紀の〈第2の世代〉と呼ぶ。…

※「バローハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android