コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンクス島 バンクスとう Banks Island

2件 の用語解説(バンクス島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンクス島
バンクスとう
Banks Island

カナダ北部,北極海の諸島のうち最西端の島。面積 6万7000km2。東は狭いプリンスオブウェールズ海峡でビクトリア島に接する。更新世に氷床に覆われていたため,ゆるい起伏の波状地形を示し,湖沼の多いツンドラが卓越する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンクス島
ばんくすとう
Banks Island

カナダ北部、カナダ北極海諸島南西端の島。南北約300キロメートル、東西約210キロメートル、面積6万0165平方キロメートル。標高は一部を除き1000メートル以下で、北部海岸は比高200メートル前後の崖(がけ)となっている。北部は礫質(れきしつ)ツンドラ、南部は低木・地衣ツンドラ地域である。南のカナダ本土との間に西のボーフォート海に開けるアムンゼン湾があり、北西航路の一部にあたる。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンクス島の関連キーワード北極海隠岐島ウティラ島テセル島バフィン[島]ビクトリア[島]メルビル[島]島根県隠岐郡西崎コムソモレツ[島]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone