コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージナル バージナル virginal

翻訳|virginal

6件 の用語解説(バージナルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージナル
バージナル
virginal

鍵盤楽器の一種。 15世紀に登場した小型の長方形の楽器で,チェンバロのような撥弦装置をもち,普通は卓上に置いて演奏された。イギリスでは 16~17世紀に広く流布し,イタリアでは多角形のものが作られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バージナル(virginal)

チェンバロの一種。長方形の胴をもち、弦は鍵盤と平行に張られる。15世紀末から18世紀にかけてヨーロッパで愛好された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バージナル

鍵盤(けんばん)楽器の一種。16―17世紀のイギリスではジャックアクションの一部をなす木製の小片)で撥弦(はつげん)するハープシコード類の総称だったが,17世紀末には,そのうちの小型のものをさすようになった。
→関連項目バード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バージナル【virginal】

15世紀末から18世紀にかけてヨーロッパで用いられた鍵盤付撥弦楽器の一種。ハープシコードスピネットと同族の楽器で発音機構も同じであるが,一般に弦が鍵盤と平行に走っているものをいう。ただし16~17世紀のイギリスではバージナルという語は鍵盤付撥弦楽器の総称として用いられていた。バージナルの語源についてはラテン語のvirgo(処女)やvirga(棒)など諸説があるが定かでない。外形は,長方形の箱形のものがよく知られているが,実際は多様でスピネットと大差ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バージナル【virginal】

鍵盤楽器の一。ハープシコードと同様な撥弦楽器であるが小型で、弦が鍵盤と平行に張られている。一五~一八世紀にヨーロッパで使用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バージナル
ばーじなる
virginal

15世紀末から18世紀にかけてヨーロッパで愛好された小形の鍵盤(けんばん)楽器。チェンバロと同じく弦を掻(か)いて音を出すが、小形で横長の長方形胴をもち、弦が鍵盤と平行に(横方向に)張られている点がチェンバロと異なる。音域は四オクターブで、弦は一系列のみ。脚付きタイプと、脚がなく卓上や膝(ひざ)の上にのせて演奏するタイプがある。16世紀にはイギリスで家庭用に愛好され、バードやギボンズらが多くの作品を残している。同じく小形の鍵盤楽器であるスピネットも、16世紀にイタリアで流行しヨーロッパ全域に広まった楽器であるが、これは翼形の胴をもち、弦が左前方から右後方へ斜めに張られている点がバージナルと異なる。しかし、この区別はかならずしも絶対的ではなく、しかも音楽的特性の面からは両者は同一と考えて差し支えない。
 なお、イギリスでは17世紀までは、弦を掻いて発音する鍵盤楽器を総称してバージナルとよんでいた。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバージナルの言及

【ハープシコード】より

…この点が,ハンマーで弦を打って音を出すピアノとは大きく異なり,まったく別種のタッチを必要とする。弦を鍵盤と直角に張った現代のグランド・ピアノに似た形であるが,広義には弦の張り方が異なるスピネットバージナルをも含めてハープシコード族と呼ばれることもある。図に示したように,鍵を打つと鍵の向こう端に立つジャックが飛び上がり,その側面に突き出た鳥の羽軸または革製のプレクトラムが弦を弾き鳴らす。…

※「バージナル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バージナルの関連キーワードターレルビオールヨーロッパトルコヨーロッパロシアカトンバロック様式ロマネスク様式ヨーロッパ通貨機構サティ:3つのサラバンド/piano soloヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone