コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミヤン Bāmiyān

デジタル大辞泉の解説

バーミヤン(Bāmiyān)

アフガニスタンカブールの北西にある渓谷。周辺にある多数の石窟は、かつての僧坊。岩壁には2体の巨大な仏像が刻まれていたが、2001年3月、当時アフガニスタンを支配していたイスラム原理主義タリバーンが、偶像崇拝の否定を理由にこれを破壊。2003年「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録されたが、破壊行為のため同時に危機遺産リストにも登録された。バーミヤーン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バーミヤン

バーミヤーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーミヤン

バーミアーン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バーミヤンの関連キーワードゼマルヤライ タルジ株式会社すかいらーくバーミヤン仏教遺跡ハナ マフマルバフハビバ サラビ危機遺産リストオマル師

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーミヤンの関連情報