バーミヤン(英語表記)Bāmiyān

旺文社世界史事典 三訂版「バーミヤン」の解説

バーミヤン
Bāmiyān

アフガニスタン中央部にある仏教遺跡
中央アジアとインドを結ぶ古代交通の要地で,峡谷断崖に高さ53mと35mの巨大な仏像(その顔面後世にイスラーム教徒のために破壊された)が刻まれているほか,壁画のある石窟寺院からなる。3〜8世紀ごろのもので,ガンダーラやグプタ様式ササン朝ペルシア)の影響が強く見られる。1996年アフガニスタンの首都カブールを征圧したイスラーム原理主義集団タリバーンによって爆破予告をうけている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「バーミヤン」の解説

バーミヤン(Bāmiyān)

アフガニスタンカブール北西にある渓谷。周辺にある多数の石窟は、かつての僧坊。岩壁には2体の巨大な仏像が刻まれていたが、2001年3月、当時アフガニスタンを支配していたイスラム原理主義タリバーンが、偶像崇拝の否定を理由にこれを破壊。2003年「バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録されたが、破壊行為のため同時に危機遺産リストにも登録された。バーミヤーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「バーミヤン」の解説

バーミヤン

株式会社すかいらーくレストランツが展開するファミリーレストランチェーン。主に中華料理を提供する。1986年、1号店オープン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディア「バーミヤン」の解説

バーミヤン

バーミヤーン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バーミヤン」の解説

バーミヤン

バーミアーン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android