コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーミューダ諸島 バーミューダショトウ

3件 の用語解説(バーミューダ諸島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バーミューダ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【バーミューダ諸島】

Bermuda大西洋北西部にある諸島。英国領。政庁所在地ハミルトン。17世紀に北米入植の英国船が難破してたどり着き、植民が始まった。観光・保養地。人口7万(2010)。バミューダ諸島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バーミューダしょとう【バーミューダ諸島】

〔Bermuda〕 ⇒ バミューダ諸島

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーミューダ諸島
ばーみゅーだしょとう
Bermuda Islands

北大西洋西部の北緯33度、西経65度あたりに、南西から北東に連なるイギリス領の諸島。アメリカニューヨークの南東1080キロメートルに位置する。総面積53.3平方キロメートル、人口6万3500(2001推計)。主島のバーミューダ島のほかセントジョージ島、セント・デービッド島、ソマーセット島、アイルランド島など、大小約150の島からなり、主要な島は橋で結ばれている。中心地はバーミューダ島のハミルトン。気候は温和、湿潤で、年降水量は1500ミリメートルである。
 1503年、スペイン人のジョン・バーミューダが到達し、彼にちなんでバーミューダ諸島とよばれた。1609年イギリス人のG・ソマーズに率いられた一隊が入植し、1684年以後イギリスの直轄植民地となり、1968年内政についての自治権が与えられた。対外関係、防衛、治安についてはイギリスの任命する総督が権限をもつ。任命制の上院(11議席)と選挙制の下院(40議席、任期5年)があり、下院の多数党の党首が総督の任命で首相となる。議会発足以来、統一バーミューダ党が政権を握り、野党には進歩労働党、国民自由党がある。野菜、バナナ、柑橘(かんきつ)類などの農業と漁業以外にはみるべき産業はなく、島の経済は観光収入とタックス・へイブン政策による海外保険業からの収入で成り立っている。食糧、飲料、衣料などは、すべてアメリカ、イギリス、カナダなどから輸入している。住民の3分の2は黒人またはムラート(混血)で、残りはイギリス系またはポルトガル系。公用語は英語。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーミューダ諸島の関連キーワードタスカロラ海淵テルセイラ島ラブラドルルアーブル毛綿鴨北大西洋バーミューダパンツフィニステレランプフィッシュ世界の3大漁場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone