コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウケル Pauker, Ana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウケル
Pauker, Ana

[生]1893.12.12. モルドバ,ヘルツア
[没]1960.6.26. ブカレスト
ルーマニアの政治家。旧姓ラビノビッチ。ウクライナのユダヤ教教師の娘。 1915年社会民主党に入り,21年 M.パウケルと結婚,ともに新設のルーマニア共産党に加入。翌年党中央委員になったが,25年に逮捕され裁判中にソ連へ逃亡。 34年に帰国,35年党中央委員会書記に就任,すぐ逮捕され 10年の刑を受けた。 40年,囚人交換により釈放されソ連へ行き,43年に同地でルーマニア人旅団結成を指導。 44年9月に帰国し党政治局員に就任,47年外相を兼任。党員増加運動,農業集団化などを指導し 49年副首相になったが,52年5月反党活動を理由に解任された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パウケル

ルーマニアの女性革命家。第1次大戦後ルーマニア共産党に入党,1922年党中央委員。地下活動中に2度逮捕され,1940年ソ連に亡命。1944年帰国し,党最高指導者の一人となり,1947年外相,1949年副首相兼任となったが1952年失脚。
→関連項目ルーマニア労働者党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パウケル
ぱうける
Ana Pauker
(1893?―1960)

ルーマニアの政治家。モルドバのユダヤ人家庭の出。旧姓ラビノビッチ。1915年に社会党に入り、ストライキ闘争などで頭角を現した。マルセル・パウケルと結婚、夫とともに1921年の共産党結成に参加。二度逮捕され、1940年に当時のソ連との政治犯交換でソ連に渡った。1944年に帰国し党書記に、1947年には外相に就任し、実権を握った。1952年に右翼的偏向を理由に公職から追放された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

パウケル

生年月日:1893年12月31日
ルーマニアの政治家
1960年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

パウケルの関連キーワードアナ パウケル生年月日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android