コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスパ パスパ 'Phags pa bLo gros rgyal mtshan

4件 の用語解説(パスパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスパ
パスパ
'Phags pa bLo gros rgyal mtshan

[生]1235
[没]1280
元朝初代帝師となったチベットサキャ派の高僧。パクパ,八思巴,発思巴とも書かれる。 1244年叔父サキャ・パンチェンに従って蒙古に行き,54年フビライに会い,58年道仏論争に勝って信任を厚くし,64年創設の総制院 (のちの宣政院) を通じチベットを治め,翌年帰国,69年パスパ文字をつくって献じ,70年帝師に昇任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パスパ

チベット人ラマ教チベット仏教)僧。漢字では八思巴。パクパとも。フビライ(世祖)に迎えられ,1260年その国師となる。フビライの命で1269年元朝の公用文字〈蒙古新字〉(パスパ文字)をつくった。
→関連項目ラマ教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パスパ【’Phags‐pa】

1235‐80
中国,元代のチベット人僧侶。10歳のとき伯父サキャ・パンディタに伴われて中国に来,モンゴル朝に仕えた。フビライ・ハーンの即位(1260)とともに中原法主に任ぜられ,国師としてその宗教上の導師となった。一時帰国ののちフビライ・ハーンの命を承けて〈蒙古新字〉(パスパ文字)をつくり(1269),その功により帝師に昇任し大宝法王の称号を受けた。サキャ派の始祖としてチベット仏教隆盛の途をひらいた。なお,パスパとは,〈聖なる〉〈すぐれたる〉の意。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パスパ
ぱすぱ
'Phags pa
(1235―1280)

チベット仏教(ラマ教)サキャ派の祖師。初めて中国、元(げん)の帝師となった。パスパ(パクパ)は「聖者」の意。本名はロトゲンツェン。中国の資料では八思巴、発合思巴などと表記される。当時、元朝はチベットの覇権をうかがっていたが、パスパは叔父サパン・クンガーゲンツェン、弟チャクナドジェとともに元朝に赴き、1247年クテンに謁し、チベットの降伏と和平に努力した。1253年に彼はフビライ・ハン(世祖)に謁し、58年の第3回道仏論争で道教側を論破し、60年には国師に任じられた。69年にはパスパ文字を制定し、おそらく翌年に彼は帝師に任じられ、元朝の仏教界を統(す)べるとともに、全チベット13万戸の政教権を支配した。しかし1274年には帝師を異母弟リンチェンゲンツェンに譲ってサキャ寺に帰還し、77年にチュミク寺で大法会を行った。46歳でサキャ寺で没。彼の著作集は『サキャ全書』に収められている。また『彰所知論(しょうしょちろん)』は彼の著で、漢訳も伝えられている。彼の没後も帝師の地位は一門の者に継承され、サキャ王国を確立した、チベット史上重要な人物である。[原田 覺]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパスパの言及

【チベット】より

…このときチベットに統一権力はなかったが,中央チベットの諸氏族は吐蕃王家の後裔を中心に対策をはかり,当時最大の氏族教団であったサキャ派のパンディタと呼ばれた長老を派遣してクテン(闊端)王の命令に答えた。その後,元朝がチベットを支配することになると,そのおいのパスパ(1235‐80)がフビライの信任を得て,1270年には帝師となった。彼は元のチベット支配を代行しながら,この国の教団社会のために多くの特権をフビライに認めさせ,特異な社会構造の安定に寄与した。…

※「パスパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パスパの関連キーワードチベット高原チベット高気圧支那チベット諸語チベットヒマラヤ山塊チベット亡命政府インドのチベット人青海チベット(青蔵)高原チベット騒乱亡命チベット人社会チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パスパの関連情報