コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パニョル Marcel Pagnol

4件 の用語解説(パニョルの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

パニョル【Marcel Pagnol】

1895~1974) フランスの劇作家。小市民の哀歓を描いた風刺喜劇で知られる。三部作の「マリウス」「ファニー」「セザール」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パニョル

フランスの劇作家。1926年まで各地で教師をする。《トパーズ》(1928年)で名声を確立。ユーモアセンチメンタリズムを本領とし,代表作は《マリウス》《ファニー》《セザール》のマルセイユ三部作(1929年―1936年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パニョル【Marcel Pagnol】

1895‐1974
フランスの劇作家,映画作家,小説家。英語教師のかたわら劇作を始める。自分の分身のような中学教師を主人公に社会を風刺した《トパーズ》(1928)で成功,次いで故郷マルセイユを舞台にした《マリウス》(1929),《ファニー》(1931),《セザール》(1936映画化,46初演)の三部作によって世界的名声を獲得する。その後もっぱら映画作家として活躍し,第2次大戦後舞台に復帰したが,昔日の面影はない。1946年,アカデミー・フランセーズ会員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パニョル
ぱにょる
Marcel Pagnol
(1895―1974)

フランスの劇作家。マルセイユ郊外オーバニュの農家に生まれる。1922年パリに出て、高校の教師を勤めながら友人と合作で戯曲を書く。独力の作『トパーズ』Topaze(1928)で大成功を収め、第二の故郷マルセイユを舞台に『マリウス』Marius(1929)、『ファニー』(1931)、『セザール』Csar(1936)の三部作を完成する。土着の男女の頑固でおおらかな気質に、そこはかとなきペーソスを交えて描いた作風はいまも新鮮である。第二次世界大戦後は『ユダ』(1955)、『フェビアン』(1956)などの歴史劇で舞台に帰ったが昔日の観はない。トーキー以後、自作の戯曲の映画化に際しては脚本・監督にも乗り出している。『笑いに就いて』などの随想、幼少時の小説もある。46年アカデミー会員に選ばれた。[本庄桂輔]
『永戸俊雄訳『ファニー』(1962・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパニョルの言及

【フランス映画】より

…そして仏独英3ヵ国語版が製作されたドライヤーのトーキー第1作《吸血鬼》(1931)は興行的に失敗するものの,〈音の対位法〉を探求したクレールのトーキー第1作《巴里の屋根の下》(1930)はフランスの〈トーキー映画の宣言〉となり,また,クレジットタイトルを画面に文字で出す代わりにすべて音声化,すなわち朗読してしまうというトーキーならではの試みを実現したレルビエ監督《黄色の部屋》(1930)などの成功をへて,フランス映画はトーキー時代に入る。 この時期に注目されるのは,マルセル・パニョルとサッシャ・ギトリー(ギトリー父子)という2人の演劇人の活躍で,とくにパニョルは,自作の戯曲がまずアレクサンダー・コルダ監督によって(《マリウス》1931),次いでルイ・ガスニエ監督によって(《トパーズ》1932),そしてマルク・アレグレ監督によって(《ファニー》1932)映画化されたのに刺激され,33年には映画雑誌《レ・カイエ・デュ・フィルム》を創刊し,サイレント映画がパントマイムの具象化であり完成であったのに対して〈トーキーは演劇の具象化であり再創造である〉という独特のトーキー映画論を展開,自分の映画会社を創立し,マルセイユに撮影所を建設して,みずから製作・監督に乗り出し,《アンジェール》(1934),《セザール》(1936),《二番芽》(1937),《ル・シュプンツ》《パン屋の女房》(ともに1938)等々を映画化,レーミュ,フェルナンデルといった南フランスのマルセイユなまりの名優に成功をもたらした。同じころパリでは〈芝居の神さま〉といわれたブールバール劇の作者であり演出家であり俳優であるサッシャ・ギトリーも自作の戯曲を次々に映画化し,《とらんぷ譚》(1936),《王冠の真珠》(1937)等々で徹底的な話術,〈語り〉の芸で映画に新形式をもちこみ(のちにオーソン・ウェルズに強い影響を与えた),パニョルとともに,フランス映画史に特異な地位を占めるに至った。…

【笑い】より

…S.フロイトは潜在意識にさぐりを入れて,《機知――その無意識との関係》(1905)の中で,〈制約されていた衝動が突然満たされたときに生じる心的状態〉に笑いの発生をみているが,そこにも明らかにホッブズ流の〈笑い=勝利の表現〉という見方がみてとれる。劇作家M.パニョルが《笑いについて》(1947)で語っているところも同様である。笑いという〈この世で最も複雑な人間表現〉を定義してパニョルはこう述べている。…

※「パニョル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パニョルの関連キーワードウェデキントガルニエキュレルルノルマンロスタンアダンドラアルコペーフランスソワールマンデスフランスフェードー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パニョルの関連情報