パネル・ヒーティング(読み)ぱねるひーてぃんぐ(英語表記)panel heating

翻訳|panel heating

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パネル・ヒーティング
ぱねるひーてぃんぐ
panel heating

床や天井面を加熱できるようにし、この加熱面(パネル)からの放射熱で暖房するものをいう。暖房方式の区分からいえば直接暖房の一種である。通常、建築と一体化した装置をいい、放射式の暖房器具によるものは含まない。住宅によく用いられる床暖房がこの方式の典型例である。伝統的なものでは中国の(かん)や朝鮮のオンドルがあり、歴史は古い。
 この方式の特徴をあげると、(1)垂直方向の温度分布が均一で、かつ人体を放射により暖めるため温感上快適性の高い暖房ができる、(2)壁や床の温度が高ければ室温が低くても良好な暖房をすることができ省エネルギーに寄与する、(3)空気を循環して直接加熱する装置がないため病原菌の繁殖や伝播(でんぱ)がなく健康的である、(4)室内に設置する装置が不用なため空間の自由度が高い、などである。一方、欠点・注意点をあげると、(1)加熱面がコンクリートなどの蓄熱体の場合は、予熱に時間がかかる、(2)新鮮な空気の供給や加湿に別の装置が必要である、(3)加熱面の乾燥、収縮による損傷対策に注意を要する、(4)加熱面の故障時の修理が困難である、(5)加熱面を冷却して冷房に兼用することもできるが(パネル・クーリングという)、わが国のように夏が多湿な気候の場合は冷却面の結露の防止が困難である。したがって通常、冷房装置は別に設けなければならない、などである。
 わが国における適用例は、議場、劇場、玄関ホール、銀行の営業室など、天井が高いため足元が冷えやすい空間の補助暖房や、住宅、幼稚園など床面近傍が生活域となる空間の暖房に多くみられ、設備費が比較的高いにもかかわらず快適性が高いため近年多用されるようになった。また西欧では事務所、学校、病院、室内プールにも適用例があり、加熱面も床だけでなく天井、壁などにも設けられる。
 加熱面の構造は、面内に空隙(くうげき)を設けて加熱した空気を通す、温水パイプや電気ヒーターを面内に埋設する、などの方法がある。温水パイプを用いる場合は、加熱面の故障対策が重要で、ユニット化されたパネルを用いる、加熱面を区分化して正常な部分のみ使用できるようにするなど、設計上のくふうが必要である。[吉田治典]
『空気調和・衛生工学会編・刊『空気調和・衛生工学便覧』(1981) ▽日本建築学会編『建築設計資料集成 環境』(1978・丸善) ▽日本建築学会編『建築設計資料集成 設備計画編』(1977・丸善) ▽ASHRAE Handbook Systems(1980, ASHRAE, U.S.A.)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android